【簿記】(勘定科目・相手勘定科目)って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

勘定科目

勘定科目(かんじょうかもく)とは、

現金

貸付金

借入金

仕入

給料

通信費

売上

など、簿記上の「言葉」をいい、1つ1つの取引を勘定科目を使って会計帳簿に記録しておくことで、会計帳簿を、細か過ぎず、見やすいものにするために用います。

【画像解説】簿記と会計の違い

勘定科目は、資産・負債・純資産・費用・収益の5つに分類されます。

「資産」に該当する勘定科目は、

現金

普通預金

売掛金

受取手形

貸付金

商品

建物

など

「負債」に該当する勘定科目は、

買掛金

支払手形

借入金

など

「純資産」に該当する勘定科目は、

資本金

資本準備金

利益準備金

など

「費用」に該当する勘定科目は、

仕入

給料

通信費

支払利息

貸倒損失

など

「収益」に該当する勘定科目は、

売上

受取利息

など

です。

会社は、毎年、財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書など)を作成して、1年間の成績を、税務署や株主などに報告しなければなりません。

この財務諸表は、日々の取引を記録した会計帳簿に基づいて作成されます。

取引と会計帳簿と財務諸表の関係

【簿記】「転記」って何?

そして、財務諸表は、税務署や株主などに報告するためのものですから、細か過ぎず、見やすいものでなければなりません。

そのため、財務諸表の基となる会計帳簿も、細か過ぎず、見やすい方が望ましいことから、勘定科目を使って記録することとしています。

例えば、A商品を販売した場合やB商品を販売した場合、「A商品の売上」や「B商品の売上」と記録せず、それぞれ「売上」という勘定科目で記録することで、会計帳簿を、細か過ぎず、見やすいものにするのです。

相手勘定科目

相手勘定科目(あいてかんじょうかもく)とは、複式簿記で、1つの取引を仕訳帳に記録した場合、借方の勘定科目から見た貸方の勘定科目、及び、貸方の勘定科目から見た借方の勘定科目をいいます。

例えば、

1月10日に、商品を5,000円で販売して、代金を現金で受け取った場合、

仕訳帳には、下の画像のように、

複式簿記の仕訳

記録しますが、

借方の「現金」から見た相手勘定科目は、貸方の「売上」になります。

また、貸方の「売上」から見た相手勘定科目は、借方の「現金」になります。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク