【簿記】(仕訳帳・総勘定元帳・補助記入帳・補助元帳)とは

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

会計帳簿

会社は、1年間の成績を税務署や株主などに報告するために、毎年、財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書など)を作成しなければなりません。

この財務諸表は、日々の取引を記録した会計帳簿に基づいて作成します。

【簿記・会計】「取引」って何?

仕訳帳と総勘定元帳

会計帳簿には、仕訳帳と総勘定元帳があり、どちらも必ず作成しなければなりません。

仕訳帳とは、1つ1つの取引を、「日付順」に記録する会計帳簿です。

総勘定元帳とは、仕訳帳に記録した取引を、「各勘定科目別」に記録する会計帳簿です。

【簿記】(勘定科目・相手勘定科目)って何?

ここまでのところを、下の画像にまとめてみました。

仕訳帳と総勘定元帳

【簿記】「転記」って何?

仕訳帳と総勘定元帳の記録方法など、複式簿記の基本については、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【画像解説】複式簿記を、ゼロから知ろう

補助記入帳と補助元帳

財務諸表は、税務署や株主に報告するためのものですから、細か過ぎず、見やすいものでなければなりません。

そのため、財務諸表の基となる仕訳帳や総勘定元帳も、1つ1つの取引の詳細を記録せず、見やすい構造となっています。

しかし、会社によっては、「取引先ごとの取引金額」や「取扱い商品ごとの在庫数」などの情報を、常に把握しておきたい場合もあります。

これらの情報は、仕訳帳と総勘定元帳からは得られない場合が多く、得られる場合であっても集計に時間がかかってしまいます。

そこで、日々の取引を仕訳帳と総勘定元帳に記録するだけでなく、必要に応じて、他の会計帳簿(補助記入帳、補助元帳)にも記録することとしています。

補助記入帳とは、仕訳帳に記録する日々の取引の、「詳細」を記録する会計帳簿です。

補助記入帳には、下記のものがあります。

現金出納帳

(現金勘定の取引の詳細を記録したもの)

当座預金出納帳

(当座預金勘定の取引の詳細を記録したもの)

小口現金出納帳

(小口現金勘定の取引の詳細を記録したもの)

仕入帳

(仕入勘定の取引の詳細を記録したもの)

売上帳

(売上勘定の取引の詳細を記録したもの)

受取手形記入帳

(受取手形勘定の取引の詳細を記録したもの)

支払手形記入帳

(支払手形勘定の取引の詳細を記録したもの)

など。

補助元帳とは、総勘定元帳の各勘定科目別の記録を、「取引先別」や「取扱商品別」などに記録する会計帳簿です。

補助元帳には、下記のものがあります。

商品有高帳

(繰越商品勘定と仕入勘定を、取扱商品別に分類して記録したもの)

売掛金元帳

(売掛金勘定を、取引先別に分類して記録したもの)

買掛金元帳

(買掛金勘定を、取引先別に分類して記録したもの)

など。

このように、補助記入帳は仕訳帳を補助するものとして、補助元帳は総勘定元帳を補助するものとして作成されます。

主要簿と補助簿

仕訳帳と総勘定元帳は「主要簿」と呼ばれ、補助記入帳と補助元帳は「補助簿」と呼ばれています。

そして、主要簿(仕訳帳・総勘定元帳)と補助簿(補助元帳・補助記入帳)は、合わせて「会計帳簿」と呼ばれています。

ここまでのところを、下の画像にまとめてみました。

主要簿と補助簿の関係

【簿記】(日商・全経・全商)3つの違いは?就職にはどれ?

余談ですが、パソコンの会計ソフトでは、仕訳帳の入力画面で、仕訳を入力(記録)していけば、総勘定元帳も補助記入帳も補助元帳も、そして財務諸表も、自動的に作成されます。

したがって、仕訳を理解すると、会計ソフトを使って、財務諸表を作成できるようになります。

仕訳の基本については、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【画像解説】複式簿記を、ゼロから知ろう

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク