【全経簿記】試験日程と受験料

全経簿記

全経簿記は、全国経理教育協会が主催する簿記能力検定試験です。

全経簿記には、

上級

1級 商業簿記・会計学

1級 原価計算・工業簿記

2級 商業簿記

2級 工業簿記

3級 商業簿記

基礎簿記会計

の7種類の試験があります。

1級には、「1級 商業簿記・会計学」と「1級 原価計算・工業簿記」の2つの試験があります。「1級 商業簿記・会計学」に合格すると「1級 商業簿記・会計学」の合格証書がもらえ、「1級 原価計算・工業簿記」に合格すると「1級 原価計算・工業簿記」の合格証書がもらえます。さらに、1年以内に「1級 商業簿記・会計学」と「1級 原価計算・工業簿記」の2つの試験に合格すると「1級」の合格証書ももらえます。

2級には、「2級 商業簿記」と「2級 工業簿記」の2つの試験があります。「2級 商業簿記」に合格すると「2級 商業簿記」の合格証書がもらえ、「2級 工業簿記」に合格すると「2級 工業簿記」の合格証書がもらえます。しかし、1級と異なり、1年以内に「2級 商業簿記」と「2級 工業簿記」の2つの試験に合格しても「2級」の合格証書はもらえません(「2級」の合格証書はありません)。

なお、上級に合格すると、税理士試験の受験資格が与えられます。

本来、税理士試験は、大学や短大などで特定の科目を学ばなければ受験することができません。

しかし、全経簿記の上級に合格すると、大学や短大などに入学することなく、税理士試験を受験することができます。

全経簿記の受験料

受験料は、下記のとおりになります。

上級:7,500円

1級 商業簿記・会計学:2,200円

1級 原価計算・工業簿記:2,200円

2級 商業簿記:1,700円

2級 工業簿記:1,700円

3級 商業簿記:1,400円

基礎簿記会計:1,200円

注)上記の金額は、すべて消費税込みの金額になります。

全経簿記の試験開始時間

試験開始時間は、下記のとおりになります。

上級 商業簿記/会計学 商業簿記及び会計学併せて 13時00分(90分)
工業簿記/原価計算

工業簿記及び原価計算併せて 15時00分(90分)

※「商業簿記/会計学」の科目を受験しなかった場合、「工業簿記/原価計算」の科目を受験することはできません。

1級 商業簿記・会計学 9時00分(90分)
1級 原価計算・工業簿記 10時40分(90分)
2級 商業簿記 10時40分(90分)
2級 工業簿記 13時00分(90分)
3級 商業簿記 9時00分(90分)
基礎簿記会計 13時00分(90分)

全経簿記の試験日程

全経簿記の試験は、毎年4回、2月・5月・7月・11月に行われます。

ただし、「上級」の試験は、毎年2回のみ、2月・7月に行われます。(上級の試験は、5月と11月には行われません。)

平成30年度の試験日程は、下記のとおりになります。

第190回 簿記能力検定試験

試験日:平成30年5月27日(日)

申込期間:平成30年4月9日(月)から平成30年5月1日(火)

注)第190回 簿記能力検定試験では、「上級」の試験は行われません。

第191回 簿記能力検定試験

試験日:平成30年7月8日(日)

申込期間:平成30年5月14日(月)から平成30年6月11日(月)

第192回 簿記能力検定試験

試験日:平成30年11月25日(日)

申込期間:平成30年10月1日(月)から平成30年10月29日(月)

注)第192回 簿記能力検定試験では、「上級」の試験は行われません。

第193回 簿記能力検定試験

試験日:平成31年2月17日(日)

申込期間:平成30年12月24日(月)から平成31年1月21日(月)

全経簿記(上級)講座を受講できる資格スクール

資格の学校TACでは、全経簿記(上級)の試験に合格するための講座を受講することができます。

全経簿記以外の簿記検定試験

簿記の検定試験には、全経簿記の他に日商簿記や全商簿記があります。これらの違いについては、下記の記事にまとめてありますのでよろしければご覧下さい。

【簿記】(日商・全経・全商)3つの違いは?就職にはどれ?

【日商簿記】試験日程と受験料

【全商簿記】試験日程と受験料

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク