【アマゾン】保留注文を防ぐ、たった1つの方法

私は、Amazon(アマゾン)のFBA出品サービスを利用して、商品を販売しております。

アマゾンで商品販売をしていると、ご注文いただいた商品が、しばらくの間、アマゾンの倉庫からお客様の元へ発送されないことがあります。

このようなご注文を、アマゾンの販売管理ソフト(セラーセントラル)で確認すると、「保留中」と表示されているのです。

そして、商品が発送されるのを待っていたら、ご注文がキャンセルされたこともありました(キャンセルにより、高額な長期在庫保管手数料を支払ったこともありました)。

【Amazonギフト券】2.5%のポイントをもらう方法

保留注文の3つの原因

では、ご注文が「保留中」と表示されるのは、どのような場合なのでしょうか?

下記の3つの場合には、商品が発送されるまでの間、「保留中」と表示されることになります。

①.お客様の支払い方法が、コンビニ決済である場合。

②.配送日時指定のご注文である場合。

③.アマゾンの販売する予約商品と同時に購入され、「できる限り商品をまとめて発送」を選択されている場合。

上記①の場合には、注文日から6日間がお支払いの猶予期間となっており、この猶予期間内にお支払いいただいた後に商品が発送されます。しかし、猶予期間内にお支払いただけない場合、自動的にキャンセルとなります。

②の場合には、その希望お届け日に間に合う時期に商品が発送されます。

③の場合には、同時に購入いただいた予約商品と、合わせての発送となります。

保留注文を防ぐ、たった1つの方法

上記②と③は、残念ながら避けることができません。

しかし、①は避けることができます。

大口出品の方に限られますが、コンビニ決済を無効に設定し、お客様が商品購入時にコンビニ決済を選択できなくすることです。

ただし、無効に設定した場合、ご自身が出品されている全ての商品について、コンビニ決済ができないこととなってしまいますので、支払い方法が1つ減ってしまう分、売上げも減る可能性がありますので注意が必要です。

コンビニ決済を無効に設定する方法は、アマゾン公式サイトでわかりやすく説明して下さってますので、利用される方は確認してみて下さい。

アマゾン公式サイト(コンビニ決済を無効に設定する方法)

ご注文が「保留中」となった場合、アマゾンに、お客様に購入の意思があるのかを確認していただくことは、原則としてできません。

しかし、以下の場合には、お客様に購入の意思を確認して下さるとのことでした。

  • 通常では考えられないような大量注文があった場合。

  • 同一商品に対して、何度も繰り返し長期間の保留注文が入り、いずれもキャンセルとなってしまっている履歴がある場合。

なお、購入の意思がないにもかかわらず、注文とキャンセルを繰り返す方もいらっしゃいます。

このような方が住んでいる場所の郵便番号や都道府県を調べることも可能ですが、このような方は、複数のアカウントを使って注文とキャンセルを繰り返していることも考えられるため、1人の方に特定することは難しいですし、時間がもったいないと思います。

ちなみに、私は、プレミア商品として仕入れてみたものの、注文とキャンセルを繰り返され、値下げ競争等に巻き込まれた場合、BASE で在庫処分しています。

BASEは、セット販売等を自由にできるので、赤字にならない程度の価格で在庫処分するのに適しています。

また、アマゾン・楽天・ヤフオク等は、販売できなくても、毎月、システム利用料等を支払わなければなりませんが、BASEは、販売できた時以外、システム利用料等の費用は一切かかりません。

出品制限も厳しくなりつつあるアマゾンに代わる販売場所は、早めに見つけておくことが得策だと思います。

保留注文の確認方法

最後になりますが、「保留中」のご注文の確認方法を、画像を用いて解説します。

まず、seller central(セラーセントラル)にログインして、下の画像のように、「注文管理」をクリックします。

保留注文

次に、下の画像のように、「注文のステータス」、「保留中」、「確認したい期間」を選択し、その後、「検索」をクリックします。

保留注文

すると、下の画像のように、「保留中」のご注文を確認することができます。

保留注文

合わせて読まれています

スポンサーリンク