【確定申告が大変です】アマゾンでポイントを付けての販売

ポイント付与

私は、アマゾンの出品サービスを利用して商品を販売しております。

そのため、毎年、所得税の確定申告をしなければなりません。

商品を販売し、収入を得ている場合の確定申告は、

①.1年間の総収入金額から、1年間の必要経費を差し引いて、所得を算出する

②.算出した所得に税率を掛ける等して所得税を算出する

③.算出した所得税を期限までに納付する

という流れで行います。

1年間の総収入金額は、売上金額です。

1年間の必要経費は、商品の仕入れ代金や配送料等、この他に、アマゾンへの販売手数料等も含まれます。

Amazonプライム3,900円は、経費にできない?仕訳は?

アマゾンの出品サービスを利用する場合、大口出品サービスを選択している方に限り、ポイントを付けて商品を販売することができます。

では、ポイントを付けて商品を販売すると、確定申告に何か影響があるのでしょうか?

具体例を用いて、確認してみたいと思います。

電車・バス・タクシー代などを、ICカードで支払った場合の仕訳

具体例1(ポイント付与がない場合)

「1,000円で仕入れた商品をアマゾンにおいて3,000円で販売し、600円の販売手数料等が差し引かれ、残額の2,400円が普通預金口座に入金された。1年間の取引がこれのみの場合。」

この場合、

総収入金額は、3,000円です。

必要経費は、1,600円(1,000円+600円)です。

したがって、所得は、1,400円(3,000円−1,600円)

になります。

お近くの税理士に質問する

具体例2(ポイント付与がある場合)

「1,000円で仕入れた商品をアマゾンにおいて3,000円で販売し、200円分のポイントを付与。600円の販売手数料等と付与したポイント200円分が差し引かれ、残額の2,200円が普通預金口座に入金された。1年間の取引がこれのみの場合。」

この場合、

総収入金額は、3,000円です。

必要経費は、1,600円(1,000円+600円)ですが、これだけではありません。付与したポイント200円分も必要経費に計上しなければなりませんので、必要経費は、1,800円(1,000円+600円+200円)です。

したがって、所得は、1,200円(3,000円−1,800円)

になります。

アマゾンにおいて、ポイントを付けて商品を販売すると、その分だけ必要経費が増えます。

したがって、所得が減り、納付する所得税も減ることになります。

一度提出した確定申告書を修正するのは手間がかかりますし、延滞税を支払わなければならない場合もあります。

しかも、延滞税は、日割り計算です。確定申告書の提出が一日遅れるごとに延滞税は増えることになりますので注意が必要です。

そうならないためにも、確定申告の時期を迎える前に、ポイントを付けて商品を販売したものがどれだけあるのか、確認しておきたいところです。

合わせて読まれています