【アマゾン】大口出品と小口出品、選択の決め手はコレです

大口出品と小口出品

アマゾンの出品サービスには、大口出品サービスと小口出品サービスがあり、開始時にどちらかを選択しなければなりません。

大口出品サービス(以下「大口出品」という。)と小口出品サービス(以下「小口出品」という。)では、アマゾンに支払う費用が異なります。

大口出品の場合、月々4,900円(税抜き)の月間登録料を支払います。

これに対し、

小口出品の場合、月間登録料4,900円は免除されますが、代わりに、商品が一個売れる度に100円(税抜き)の基本成約料を支払います。

注)アマゾンの出品サービスを利用するには、上記の費用の他に、販売手数料やカテゴリー成約料などの費用も支払わなければなりませんが、これらについては大口出品も小口出品も共通なので説明は割愛させていただきます。

では、大口出品と小口出品どちらがお得なのでしょうか?

具体例を用いて考えてみたいと思います。

例1

一月に商品が48個売れた場合

大口出品は月間登録料4,900円を支払い、小口出品は基本成約料100円×48個=4,800円を支払います。

この場合、小口出品がお得ということになります。

例2

一月に商品が49個売れた場合

大口出品は月間登録料4,900円を支払い、小口出品は基本成約料100円×49個=4,900円を支払います。

この場合、大口出品と小口出品は同額の費用を支払うことになります。

例3

一月に商品が50個売れた場合

大口出品は月間登録料4,900円を支払い、小口出品は基本成約料100円×50個=5,000円を支払います。

この場合、大口出品がお得ということになります。

したがって、一月に商品が48個以下しか売れる見込みがないのであれば小口出品を選択し、一月に商品が50個以上売れる見込みがあるのであれば大口出品を選択したほうがお得ということになります。

この他、大口出品の場合、

時計

アパレル・シューズ・バッグ

ジュエリー

ペット用品

ヘルス&ビューティー

コスメ

食品&飲料

などの商品も出品可能(小口出品は不可)ですが、これらの商品は、出品許可申請をして許可されなければ出品することができません。

また、販売管理用ソフト(セラーセントラル)上に大口出品のみ利用できる様々な機能が備わっておりますが、これらの機能が利用できなくても問題なく商品を管理し販売することができます。

したがって、これからアマゾンの出品サービスを利用される方のうち、まだ資金が少なく、一月に商品が48個以下しか売れる見込みがない方は、小口出品を選択することをお勧めします。

なお、大口出品には、始めの三ヶ月間は月間登録料4,900円が無料になるサービスがあります。

これは、アマゾンの出品サービス開始時に大口出品を選択した方のみならず、始めは小口出品を選択し、しばらくしてから大口出品に変更した場合にも、変更時から三ヶ月間は月間登録料4,900円が無料になります。

したがって、この三ヶ月間無料サービスを最大限利用するには、どのタイミングで大口出品を選択したら良いのかを下記の記事にまとめました。よろしければご覧下さい。

合わせて読まれています

スポンサーリンク