年商が高い会社は、本当に儲かっているのか?

1.年商と所得

年商300億円。

すごい金額です。

では、年商とは何か?

例えば、

100億円でマンションを建設して300億円で販売、一年間の取引がこれのみの場合。

年商は300億円です。

年商とは、会社(株式会社や個人商店等)の一年間の売上高です。

では、所得はいくらになるでしょうか?

所得は、

300億円−100億円=200億円

になります。

所得とは、利益のことです(厳密には、所得と利益には違いがありますが、違いについて、この記事では重要ではないので説明は割愛させていただきます)。

2.年商が高い会社は儲かっているのか

では、年商は高ければ高いほど業績が良いと言えるのでしょうか?

例えば、

150億円でマンションを建設して100億円で販売、一年間の取引がこれのみの場合。

年商は100億円です。

年商100億円を達成している会社は、日本でも数少ないと思います。

しかし、所得はいくらになるかといえば、

所得は、

100億円−150億円=△50億円

になります。

マイナス50億円です。

50億円の損失です。

50億円の赤字でも、年商は100億円なんです。

3.商売を長く続けるためには

年商が高くても赤字の会社より、年商が低くても所得(利益)のある会社の方が業績が良いと言えますし、将来性があり魅力的です。

極端な話になりますが、年商は、資金さえあれば、どなたでも高くすることができてしまいます。

例えば、

目標とする年商が300億円の会社に500億円の資金があるとします。この500億円で商品を仕入れて300億円で販売すれば、あっという間に年商300億円の達成です。200億円の赤字(300億円−500億円=△200億円)になりますが。

いくら年商が高くても、赤字では商売を長く続けることはできません。

商売を長く続けるためには、いかにして所得(利益)を生み出すかを常に考えながら行動しなければなりません。