【簿記】答案用紙に答えを書く際の、たった1つの注意点

[簿記3級]仕訳問題一覧

簿記の試験には、日商簿記、全経簿記、全商簿記、税理士試験(簿記論・財務諸表論)などがあります。

【簿記】(日商・全経・全商)3つの違いは?就職にはどれ?

どの試験を受ける場合であっても、答案用紙に答えを書く際、注意しなければならない点が1つあります。

たった1つの注意点

具体例

「A社は、30万円の商品を販売し、代金は現金で受け取った。」

この場合のA社の仕訳を、下の画像の答案用紙 ①に記入すると、

単位が円の仕訳画像

借方が、「現金 300,000」、

貸方が、「売上 300,000」、

になります。

【簿記】「現金過不足」って何?

では、この場合のA社の仕訳を、下の画像の答案用紙 ②に記入すると、

単位が千円の仕訳画像

借方が、「現金 300」、

貸方が、「売上 300」、

になります。

【簿記】「売掛金」と「受取手形」の違い

下の画像のように、答案用紙 ①は、単位が「」です。

単位が円の仕訳画像①

これに対し、

下の画像のように、答案用紙 ②は、単位が「千円」です。

単位が千円の仕訳画像②

したがって、答案用紙 ②に、借方「現金 300,000」、貸方「売上 300,000」と記入してしまうと、金額が正しくないため、点数はもらえません。

【簿記】「売掛金」と「未収金」の違い

税理士試験では、このようないやらしい問題が頻繁に出題されています。

難しい税理士試験を受けずに、手っ取り早く税理士になる方法

また、経理のお仕事でも、単位が「千円」や「万円」の領収証などをたくさん取り扱います。

【日商簿記】合格者が経理職に就く際の、たった1つの注意点

したがって、日商簿記などを受験する場合も、仕訳問題や試算表・精算表の作成問題などで答案用紙に答えを書く際は、まず「単位」を確認することをお勧めします。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク