【簿記】「受取手形」って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

受取手形

手形とは、将来の特定の日に、銀行で、お金と交換してもらえる証券(紙)です。

そして、受取手形とは、商品の販売などをして受け取った手形のことをいいます。

例えば、魚屋が寿司屋に3万円分の魚を販売し、代金は手形で受け取った場合、魚屋が受け取った手形を「受取手形」といいます。

仕訳で示すと、下の画像のとおりになります。

商品販売時の仕訳画像

借方が、受取手形(資産)、

貸方が、売上(収益)、

になります。

魚屋は、魚を販売した日に、上記の仕訳処理を行います。

そして、魚屋は、魚を販売してから2~4ヶ月後に、受け取った手形を銀行に持参してお金と交換してもらいます(魚屋の当座預金口座に販売代金が入金されます)。

仕訳で示すと、下の画像のとおりになります。

受取手形の満期日の仕訳画像

借方が、当座預金(資産)、

貸方が、受取手形(資産)、

になります。

魚屋は、2~4ヶ月後の販売代金受取日に、上記の仕訳処理を行います。

なお、2~4ヶ月後の販売代金受取日は、「満期日」と呼ばれています。

受取手形は資産?

受取手形は、将来お金と交換してもらえるものですから、将来役に立つものです。したがって、受取手形は「資産」に該当します。

受取手形にメリットはあるの?

お金と交換してもらえるのは、手形を受け取ってから2~4ヶ月後が一般的です。

商品を販売して手形を受け取っても、お金と交換できるのは2~4ヶ月後になってしまうのです。

このように、直ぐにお金と交換できない受取手形には、メリットがありません。

どの会社も、販売代金はお金でもらったほうがうれしいはずです。

商品の売買に手形が利用されるのは、商品を購入して手形を振り出す側(上記の寿司屋)にメリットがあるからです。

寿司屋の仕訳については、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【簿記】「支払手形」って何?

小切手と手形

小切手と手形は、銀行に持参するとお金と交換してもらえる点で、共通しています。

【簿記】「小切手」と「手形」の違い

売掛金と受取手形

売掛金と受取手形は、商品を販売しても、直ぐにお金を受け取れない点で、共通しています。

【簿記】「売掛金」って何?

【簿記】「売掛金」と「受取手形」の違い

合わせて読まれている記事

【日商簿記】短期合格目指す、資格スクール(入会金・年会費)比較

【仕訳問題】商品を販売し、代金を郵便為替証書と他人振出小切手と送金小切手で受け取った場合

【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

【簿記】「小切手」と「送金小切手」の違い

【簿記】「買掛金」と「支払手形」の違い

【簿記】「買掛金」と「未払金」の違い

【簿記】「約束手形」って何?

【簿記】「為替手形」って何?

【簿記】「手形の裏書譲渡」って何?

【簿記】「手形の割引」って何?

【簿記】「貸倒引当金」を計上する理由

【簿記】記事一覧

スポンサーリンク