【日商簿記3級】「資本金」と「引出金」って何?

日商簿記3級では、個人商店の「資本金」が出題されます。

個人商店の「資本金」は、2級や1級で出題される株式会社の「資本金」と、取り扱いが異なります。

そこで、この記事では、日商簿記3級の出題範囲である個人商店の「資本金」について解説します。

また、個人商店の「資本金」が出題された場合、合わせて、「引出金」も出題される傾向にあるため、「引出金」についても解説します。

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

資本金

商売を始めるには、まず、お金が必要です。

そこで、自分のお金を準備することとなりますが、簿記では、「商売で使うお金」と自分が「日常生活で使うお金」を区別しなければならない決まりがあります。

したがって、自分のお金の一部を、商売で使うお金とする仕訳処理を行わなければならず、 これを「元入れ」(または「出資」)といいます。

「元入れ」をすることで、商売用のお財布と日常生活用のお財布を使い分けることとなります。

そして、その後、さらに商売でお金が必要となった場合には、追加して、自分のお金の一部を、商売で使うお金とする仕訳処理を行わなければならず、これを「追加元入れ」(または「追加出資」)といいます。

「元入れ」や「追加元入れ」の仕訳処理には、勘定科目に「資本金」を用います。

「資本金」は、資産・負債・純資産・収益・費用のうち、純資産に該当する勘定科目で、貸借対照表に記載されます。

ここで、「元入れ」と「追加元入れ」の仕訳処理を、具体的を用いて確認してみたいと思います。

(具体例1)「元入れ」の仕訳

Aさんは、八百屋を始めるにあたり、現金10万円を元入れした。

この場合の八百屋の仕訳は、下の画像のとおりになります。

元入れの仕訳画像

借方は、現金(資産)、

貸方は、資本金(純資産)、

になります。

元入れをしたことで、Aさんのお金の一部が八百屋のお金となり、Aさんのお財布と八百屋のお財布が区別されることとなりました。

【日商簿記3級】現金過不足を、期末に、雑益または雑損に振り替える理由

(具体例2)「追加元入れ」の仕訳

Aさんは、八百屋に、現金5万円を追加元入れした。

この場合の八百屋の仕訳は、下の画像のとおりになります。

追加元入れの仕訳画像

借方は、現金(資産)、

貸方は、資本金(純資産)、

になります。

「追加元入れ」の仕訳は、「元入れ」の仕訳と同じですので、わかりやすいと思いますが、問題文に「追加出資」と書かれていても解答できるように、言葉の意味は理解しておかなければなりません。

【日商簿記3級】未収収益と未収入金(未収金)の違い

商売用のお金を、日常生活のために使った場合。「引出金」って何?

「商売用のお金」と「日常生活用のお金」を分けたにもかかわらず、商売用のお金を日常生活のために使ってしまうことがあります。

この場合、商売用のお金が減少したと考えて、仕訳が必要になります。

そして、仕訳処理は、勘定科目に「資本金」を用いる方法と「引出金」を用いる方法があります。

特に、「引出金」を用いる方法は、期末に、決算整理仕訳を行わなければならず複雑であるため、注意が必要です。

それぞれ、具体例を用いて確認したいと思います。

(具体例3)「資本金」を用いた仕訳

Aさんは、自宅の水道代3千円を、八百屋の現金で支払った。なお、勘定科目は、「資本金」を用いることとする。

この場合の八百屋の仕訳は、下の画像のとおりになります。

資本金の仕訳画像

借方は、資本金(純資産)、

貸方は、現金(資産)、

になります。

「八百屋の水道代」を、八百屋の現金で支払ったのであれば、借方は、水道光熱費(費用)になります。

しかし、「自宅の水道代」を、八百屋の現金で支払ったため、借方は、資本金(純資産)になります。

【日商簿記3級】インターネットで商品を販売し、代金は送金小切手で受け取った場合

(具体例4)「引出金」を用いた仕訳

Aさんは、自宅の水道代3千円を、八百屋の現金で支払った。なお、勘定科目は、「引出金」を用いることとする。

この場合の八百屋の仕訳は、下の画像のとおりになります。

引出金の仕訳画像

借方は、引出金、

貸方は、現金(資産)、

になります。

「引出金」は「資本金」の減少を意味し、「資本金」の代わりに用いる仮りの勘定科目で、資産・負債・純資産・収益・費用のいずれにも該当しないのが特徴です。

したがって、「引出金」で仕訳処理を行った場合には、期末に決算整理を行う際、「資本金」に振り替える仕訳処理を行わなければなりません。

ここで、期末に「引出金」を「資本金」に振り替える仕訳処理を、具体例を用いて確認したいと思います。

(具体例5)振り替え仕訳

Aさんは、自宅の水道代3千円を、八百屋の現金で支払った際、勘定科目に「引出金」を用いて仕訳処理を行ったが、期末を迎え、「資本金」に振り替えた。

この場合の八百屋の仕訳は、下の画像のとおりになります。

振り替えの仕訳画像

借方は、資本金(純資産)、

貸方は、引出金、

になります。

個人商店は、毎年一回、貸借対照表と損益計算書を作成して税務署に提出しなければなりません。

貸借対照表と損益計算書は、会計帳簿を基に作成しますが、「引出金」は、仮りの勘定科目であり、資産・負債・純資産・収益・費用のいずにも該当しないため、貸借対照表にも損益計算書にも計上することができません。

そのため、期末に、「引出金」を「資本金」に振り替えます。

「資本金」に振り替えれば、貸借対照表に計上できるようになります。

【日商簿記3級】電車・バス・タクシー代などを、ICカードで支払った場合

「資本金」の代わりに「引出金」を用いる理由

資本金の金額は、税金の申告や銀行からの借入れ時などに記載が必要で、お店の規模を示す非常に重要なものです。

したがって、その重要な資本金について、期中に頻繁に増減があることは、あまり好ましいことではありません。

この資本金の頻繁な増減を防ぐために、引出金が用いられます。

これにより、期末において、引出金を資本金の振り替える仕訳をすることで、資本金の増減回数を最小限に抑えることができます。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク