【セブンイレブン】税金・社会保険料・公共料金を安くする方法

セブンイレブンで安くなるの?

セブンイレブンで利用できる電子マネーカードに、「nanaco(ナナコ)」というものがあります。

このnanacoに、一部のクレジットカードからお金をチャージ(入金)すると、ポイントが貯まるのです。

そして、nanacoで税金等(税金・社会保険料・公共料金)の支払いをすれば、「貯まったポイントの分だけお得=安く済ませることができる」ということになります。

例えば、公共料金の支払いのために、CMでお馴染みの楽天カード (還元率1%)から、nanacoに20,000円をチャージ(入金)します。

すると、20,000円のお金がnanacoにチャージされると同時に、楽天スーパーポイントが200ポイント(20,000円×1%)貯まります。

そして、公共料金20,000円をnanacoで支払えば、現金で支払うよりも200ポイント分お得になります。

この楽天スーパーポイントは、1ポイント1円として利用できますので、貯まったポイントを使って「楽天市場」でお買い物をしたり、「楽天トラベル」を利用して旅行に出掛けたり等、楽天グループのサービスを利用することができるのです。

※セブンイレブンで支払いができる税金等の詳細については、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

コンビニで支払い可能な、税金・社会保険料・公共料金の種類

なお、楽天カードの他に、リクルートカードでもポイント(リクルートポイント)が貯まります。

しかも、楽天カードの還元率は1%なのに対し、リクルートカードの還元率は1.2%で、0.2%お得です(楽天カードとリクルートカードは、どちらも年会費無料です)。

ただし、リクルートカードのポイントは、1ポイント1円として、総合通販サイトの「ポンパレモール」や宿・ホテル予約サイトの「じゃらん」等、リクルートグループで利用できるものです。

したがって、楽天グループのサービスを利用する方は、還元率が1%の楽天カードを、リクルートグループのサービスを利用する方は、還元率が1.2%のリクルートカードを選んだ方が使い勝手が良いと思います。

楽天カードとリクルートカードの注意点

楽天カード には、JCBとVISAとMasterCardの3種類ありますが、nanacoにチャージして楽天スーパーポイントが貯まるのはJCBのみです。税金・社会保険料・公共料金の支払いを安く済ませたい方は、JCBを選ばなければなりません。

これに対し、

リクルートカードには、JCBとVISAの2種類ありますが、リクルートカードの場合は、JCBとVISAのどちらを選んでも、nanacoにチャージしてリクルートポイントを貯めることができ、税金・社会保険料・公共料金の支払いを安く済ませることができます。

nanacoの作成方法

nanacoは、イトーヨーカドーやセブンイレブンで作成することができます。

通常、作成手数料300円を支払わなければなりませんが、イトーヨーカドーでは、毎月、8のつく日(8日・18日・28日)に手数料無料で作成することができます。

イトーヨーカドーで作成する場合は、インフォメーション・カウンター(総合受付)で、

セブンイレブンで作成する場合は、レジのところで、

申し込み用紙に必要事項を記入すると、すぐにnanacoが受け取れます。

ただし、イトーヨーカドーやセブンイレブンのデータ登録が完了するまでに約10日間かかりますので、nanacoを受け取って11日目以降でなければクレジットカードでチャージできませんのでご注意下さい。

クレジットカードでnanacoにチャージする方法

クレジットカードとnanacoが揃ったら、お金をチャージ(入金)することができます。

チャージ方法は、

まず、nanaco公式サイトにアクセスし、

nanaco公式サイト

下の画像のように、会員ログインをクリックし、nanacoウラ面に記載してある番号を入力してログインします。

nanaco会員ログイン

次に、nanacoクレジットチャージnanacoクレジットチャージ申込みの順にクリックし、

チャージする金額(5,000円~29,000円の範囲内)を選び、クレジットチャージパスワード(半角英数7桁~16桁の範囲内で、自分で決める)を入力し、

次へ申込みの順にクリックします。

なお、この時点では、チャージした金額が、パソコンの画面上では「カード内残高」ではなく「センターお預り分」に表示されています。

その後、実際に税金等を支払う際、セブンイレブンのレジでnanacoカードを提示して「残高確認お願いします。」と伝えると、チャージした金額がパソコンの画面上では「カード内残高」に表示され、チャージが完了します。

これで、税金等が支払えるようになります。

その他のnanaco便利な利用法

イトーヨーカドーでは、8のつく日(8日・18日・28日)がハッピーデーと呼ばれ、この日にnanacoでお買い物をすると、イトーヨーカドーにあるほとんどの商品が5%引きの割引価格で購入することができます。

しかも、楽天カードでnanacoにチャージすれば、1%の楽天スーパーポイントも貯まりますので、合計6%(リクルートカードの場合、合計6.2%)もお得にお買い物ができます。

チャージ回数とチャージ金額の注意点

nanacoにチャージできる回数は、1日3回、1ヶ月15回まで行うことができます。

そして、チャージできる金額は、1回29,000円までになります。

したがって、29,000円を超える金額をチャージしたい場合、2回以上に分けてチャージしなければなりません。

ただし、nanacoには、最大50,000円までしかチャージできません。

税金等の支払いに、1回50,000円までしかnanacoが利用できませんのでご注意下さい(50,000円を超える部分は、現金等で支払わなければなりません。)。

なお、nanacoの残高が50,000円以下になれば、また50,000円までチャージできますが、1ヶ月間合計200,000円までしかチャージできませんのでご注意下さい。

楽天カード 公式サイト

楽天カード

リクルートカード 公式サイト

リクルートカード

リクルートカード_PC

合わせて読まれている記事