【簿記】「現金」って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

現金

簿記における「現金」には、硬貨(10円玉・50円玉など)や紙幣(1,000円札・5,000円札など)などの通貨(お金)の他に、通貨代用証券も含まれます。

通貨代用証券とは、「お金の代わりになる紙」のことをいいます。

通貨代用証券には、下記のものがあり、これらも仕訳処理を行う際は、勘定科目に「現金」を用います。

他人振出小切手

郵便為替証書

配当金領収証

送金小切手

利払期日が到来した公社債の利札

「現金」をまとめると、下記のとおりになります。

勘定科目 区分 内容
現金 通貨 硬貨
紙幣
通貨代用証券 他人振出小切手
郵便為替証書
配当金領収証
送金小切手
利払期日が到来した公社債の利札

【仕訳問題】商品を販売し、代金を他人振出小切手と郵便為替証書と送金小切手で受け取った場合

【簿記】「現金過不足」って何?

なぜ、現金は、簿記の資格試験で必ず出題されるのか?

なぜなら、会社にとって、現金は必要不可欠だからです。

商品を仕入れるには、現金が必要です。

また、従業員に給料を支払うにも、現金が必要です。

現金の処理方法がわからないのでは、簿記の資格を持っている意味がないからです。

したがって、日商簿記でも、全経簿記でも、全商簿記でも、税理士試験の会計科目(簿記論・財務諸表論)でも、必ず現金に関する問題が出題されます。

【簿記】(日商・全経・全商)3つの違いは?就職にはどれ?

現金を理解することは、簿記の資格試験合格の近道といえます。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク