【簿記】他人振出小切手を、直ちに当座預金に預け入れた場合

[簿記3級]仕訳問題一覧

他人振出小切手

他人振出小切手」を受け取った場合の仕訳処理には、勘定科目に「現金」を用いることは、既に学習しました。

【簿記】「現金過不足」って何?

そして、この他人振出小切手を受け取って、すぐに自社の当座預金口座に預け入れる場合があります。

この場合の仕訳処理には、勘定科目に「当座預金」を用います。

【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

仕訳処理

他人振出小切手を受け取って、すぐに当座預金に預け入れる場合の仕訳を、具体例を用いて確認したいと思います。

具体例

「A社は、B社に1万円の商品を販売し、代金はB社振り出しの小切手で受け取り、直ちに当座預金に預け入れた。」

この場合のA社の仕訳は、下の画像のとおりになります。

他人振出小切手の仕訳

借方は、当座預金(資産)の増加、

貸方は、売上(収益)の発生、

になります。

A社は、受け取った他人振出小切手を、直ちに当座預金に預け入れたため、借方は「現金」ではなく「当座預金」になります。

わかりづらい方は、

① まず、他人振出小切手を受け取っているため、下の画像のように、通常どおり借方は「現金」で処理します。

他人振出小切手の仕訳

② 次に、下の画像のように、「現金」を「当座預金」に預け入れる処理をします。

当座預金預け入れの仕訳

そして、①と②を相殺したもの(①の借方の現金1万円と、②の貸方の現金1万円を相殺したもの)が、下の画像の仕訳になります。

他人振出小切手の仕訳

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク