【簿記】自分が振り出した小切手を、受け取った場合

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

自分が振り出した小切手(自己振出小切手)

商品を販売したときなど、代金を小切手で受け取ることがあります。

そして、この受け取った小切手を確認すると、まれに、「以前、自分が振り出した小切手」である場合があります。

この場合、仕訳処理には、勘定科目に「当座預金」を用います。

【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

仕訳処理

「以前、自分が振り出した小切手」を受け取った場合の仕訳を、具体例を用いて確認したいと思います。

具体例

「A社は、1万円の商品を販売し、代金はA社振り出しの小切手で受け取った。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

自己振出小切手受け取り時の仕訳

借方は、当座預金(資産)の増加、

貸方は、売上(収益)の発生、

になります。

【簿記】答案用紙に答えを書く際の、たった1つの注意点

借方を当座預金にすることで、以前小切手を振り出したときに貸方を当座預金とした処理を取り消すことになります(以前小切手を振り出したときに当座預金が減少しましたが、小切手が戻ってきたので当座預金を増加させます)。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク