【簿記】「当座預金」って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

当座預金

銀行の預金口座には、「普通預金」口座の他に、「当座預金」口座というものがあります。

当座預金は、口座の開設に厳しい審査がありますが、開設すると、小切手や手形が振り出せる(使える)ようになります。

【簿記】「小切手」と「手形」の違い

会社には、毎日、お金の支払いがたくさんあります。

小切手や手形での支払いが可能になれば、お金を持ち歩かずに済むため、盗難の危険がなくなります。

また、支払う度に金額を数えるなどの手間も省けます。

そして、当座預金は、1日当たりの引き出し額に制限がありません。(普通預金は、1日当たりの引き出し額に制限があり、会社の場合、1日に1,000万円までしか引き出すことができません)。

会社間の取引は、高額になることもあります。

そのため、会社間の取引には、普通預金ではなく、引き出し額に制限がない当座預金のほうが便利な口座といえます。

【簿記】「普通預金」って何?

当座預金の欠点

当座預金は、普通預金と違って、お金を銀行に預けても利息が付きません。

また、お金の預け入れや引き出しにATMを利用することもできません。

当座預金の仕訳

当座預金の仕訳を、具体例を用いて確認したいと思います。

具体例

「A社は、3万円の商品をB社から仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。」

この場合のA社の仕訳は、下の画像のとおりになります。

商品仕入れ小切手支払い仕訳画像

借方は、仕入(費用)、

貸方は、当座預金(資産)、

になります。

代金を小切手で支払った場合、貸方は「当座預金」になります。

なお、代金の支払いや受取りに「手形」を使用した場合の仕訳については、下記の2つの記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【簿記】「支払手形」って何?

【簿記】「受取手形」って何?

また、商品を「販売」し、代金は「小切手」で受け取った場合の仕訳については、下記の記事にまとめてありますが、

【簿記】「他人振出小切手」って何?

この場合の仕訳は、上記の手形の場合の仕訳と異なり、「当座預金」を使用せず「現金」を使用します。したがって、まず、下記の記事で「現金」を理解して、その後に「他人振出小切手」を理解したほうがわかりやすいと思います。

【簿記】「現金」って何?

当座借越

当座預金口座の開設時に、当座借越(とうざかりこし)契約を結んでおくと、当座預金の残高を超えた金額の小切手を振り出すことができるようになります。

当座借越については、下記の2つの記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【簿記】「当座借越」って何?

【簿記】当座借越の「二勘定制」と「一勘定制」の違い

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク