【建設業経理士検定試験】試験日程・受験資格・併願受験・受験料など

建設業経理の検定試験

建設業経理の検定試験は、一般財団法人建設業振興基金により実施され、合格すると、建設業関連の会計知識と会計処理の能力をもった建設業経理のスペシャリストとして認められます。

また、建設業経理の学習過程において、商業簿記(損益の計算・手形・決算など)や工業簿記(原価計算・間接費計算など)を学ぶため、一般企業においても必要な会計知識と会計処理の能力を身に付けることができます。

検定試験の種類

建設業経理の検定試験には、難易度別に、1級・2級・3級・4級の4種類の試験があります(1級が最も難易度が高く、4級が最も難易度が低い)。

1級と2級の試験は、「建設業経理士検定試験」として実施され、合格すると、「1級建設業経理士」、「2級建設業経理士」の称号が付与されます。

3級と4級の試験は、「建設業経理事務士試験」として実施され、合格すると、「3級建設業経理事務士」、「4級建設業経理事務士」の称号が付与されます。

なお、1級については、「財務諸表」、「財務分析」、「原価計算」の3科目の試験があり、それぞれの科目ごとに合否が判定され、1級科目合格に5年間の有効期限が設けられています。

そして、科目合格通知書の交付日を基準日として、それ以後5年の間に行われる試験において、残りのすべての科目を取得すれば「1級建設業経理士」の称号が付与され、合格証明書が交付されます(2級・3級・4級の試験科目は1科目です)。

建設業界で建設業経理士が求められている理由

建設業者が公共工事事業を請け負うには、工事に対して「入札」を行い、落札したうえで受注する必要があります。

一方の自治体は、入札に参加した建設業者を客観的に評価・審査したうえで、依頼先を決定する必要があり、そこで行われるのが「経営事項審査」です。

この経営事項審査を通じて、建設業者の企業規模や経営状況、技術力などの事項を数値化して客観的な評価が付けられます。

そして、建設業者に建設業経理士1級保持者や2級保持者が在籍していると、経営事項審査における評価点が上がる、という仕組みがあります。

別の言い方をすると、建設業経理士が在籍する会社は、公共工事事業の依頼を受けやすい、ということであり、建設業者にとって建設業経理士は非常に重要な存在となります。

受験資格・併願受験

建設業経理の検定試験は、学歴・年齢・国籍等に制限なく、どなたでも受験することができます。

また、例えば、2級・3級・4級の試験に合格していなくても、1級を受験することができます(試験は、どの級からでも受験できます)。

併願受験について、1級は、1科目受験のほか、2科目または3科目の受験が可能です。また、「2級と3級」、「3級 と4級」の組み合わせによる受験も可能ですが、これ以外の組み合わせによる複数受験(例えば1級各科目と2級の組み合わせ)はできません。

受験料

受験料(消費税込み)は、下記のとおりになります。

1級(1科目):7,410円

1級(2科目):10,600円

1級(3科目):13,680円

2級:6,280円

3級:5,250円

4級:4,220円

2級・3級:11,530円

3級・4級:9,470円

試験日程

1級と2級の試験は、毎年、3月と9月に実施されます。

3級と4級の試験は、毎年、3月に実施されます。

最新の試験日程は、下記のとおりになります。

試験日:平成30年3月11日(日)

※1級・2級・3級・4級の試験が実施されます。

申込期間:平成29年11月17日(金)~平成29年12月19日(火)

合格発表日:平成30年5月10日(木)

なお、申込方法・受験地等については、建設業振興基金の公式サイトで確認することができます。

建設業経理士の講座が受講できる、大手資格スクール

合格実績が高く、全国に展開している大手資格スクールのうち、建設業経理士検定試験の講座を設けているのは、下記の3校になります。

資格の大原

資格の学校TAC

資格スクール大栄

上記の3校は、スクールに通って学ぶ「通学講座」の他に、自宅などで学ぶ「通信講座」も設けているため、お忙しい方やお近くにスクールがない方でも、ご自身のライフスタイルに合わせて無理なく学ぶことができます。

資格の大原では、1級・2級・3級の講座を設けています。

資格の学校TACでは、1級・2級の講座を設けています。

資格スクール大栄では、1級・2級の講座を設けています。

なお、上記の3校については、建設業経理士講座の資料請求をすることができ、また、講座説明会も頻繁に行われています。