【法人税】別表四と別表五(一)Ⅰの関係を、ひと言で言うと

別表四と別表五(一)Ⅰ

法人税の申告書には、『別表四』と『別表五(一)Ⅰ』というものがあります。

正式名称は、

別表四が、『所得の金額の計算に関する明細書』

別表五(一)Ⅰが、『利益積立金額の計算に関する明細書』

です。

別表四には、『税務上の損益計算書』としての役割があり、

別表五(一)Ⅰには、『税務上の貸借対照表』としての役割があります。

そして、

別表四の留保欄は、別表五(一)Ⅰの当期の増減欄に転記される関係

にあります。

合わせて読まれている記事

【税理士試験】短期合格が可能な、資格スクール(入会金・年会費)比較

【税理士試験】消費税法の勉強で重要な、たった1つのこと

【税理士試験】固定資産税の受験をやめるべき、唯一の理由

【税理士試験】理論を早く書くための、2つの秘策

【簿記・財表】税効果会計の問題を、華麗にやっつける方法

TAC・Wセミナー・Z会の書籍を、割引価格で購入する方法

【税理士試験】使用禁止の電卓

【税理士試験】使用禁止の時計・ストップウォッチ

【税理士試験】使用可能な筆記用具は、問題用紙/解答用紙により異なる

【税理士試験】不正受験とみなされる行為