【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

[簿記3級]仕訳問題一覧

普通預金

普通預金には、口座の開設が容易で、お金の預け入れや引き出しにATMが利用でき、お金を銀行に預けておくと利息が付くなどのメリットがあります。

しかし、1日当たりの引き出し額に制限があり、会社の場合、1日当たり1,000万円までしか引き出すことができないデメリットがあります。

そのため、毎日、高額な取引を行う会社にとっては、1日に1,000万円までしか引き出せない普通預金は、不便な口座といえます。

普通預金の仕訳など、詳細については、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【簿記】「普通預金」って何?

当座預金

当座預金には、口座を開設すると、小切手や手形が振り出せる(使える)メリットがあります。

会社には、毎日、お金の支払いがたくさんあります。

小切手や手形での支払いが可能になれば、お金を持ち歩かずに済むため、盗難の危険がなくなります。

また、支払う度に金額を数えるなどの手間も省けます。

【簿記】「小切手」と「手形」の違い

そして、当座預金には、1日当たりの引き出し額に制限がありません。

会社間の取引は、高額になることもあります。

そのため、会社間の取引には、普通預金ではなく、引き出し額に制限がない当座預金のほうが便利な口座といえます。

なお、当座預金には、口座の開設に厳しい審査があり、お金の預け入れや引き出しにATMが利用できず(お金の引き出しには小切手や手形を振り出す)、さらに、お金を銀行に預けておいても利息が付かないなどのデメリットがあります。

当座預金の仕訳など、詳細については、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【簿記】「当座預金」って何?

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク