【画像解説】複式簿記を、ゼロから知ろう。

[簿記3級]仕訳問題一覧

簿記

会社は、

商品を売ったり買ったり

お金を貸したり借りたり

社員に給料を支払ったり

お客に電話をかけたり

など、

毎日、様々な「取引」を行っています。

【簿記・会計】「取引」って何?

そして、会社は、1年間の成績を、毎年、税務署や株主などに報告しなければなりません。

ただし、報告するといっても、口頭で報告しても信用してもらえません。

そこで、

① 毎日の取引をノートに記録し

② 1年分のノートを集計して報告書を作成し

③ 報告書を税務署や株主に提出

することとしています。

この、上記①の作業を「簿記」といいます。

ここまでのところを、下の画像にまとめてみました。

取引とノートと報告書の関係

【画像解説】簿記と会計の違い

【簿記】(日商・全経・全商)3つの違いは?就職にはどれ?

そして、「簿記」には、記録方法の違いにより、「単式簿記」と「複式簿記」の2種類があります。

【画像解説】単式簿記の欠点

複式簿記

「複式簿記」とは、1つの取引が行われるごとに、

① 取引日

② 2つ以上の勘定科目

③ 取引金額

を、「ノート」に記録する方法をいいます。

1つの取引が行われるごとに、「2つ以上」の勘定科目を記録することから、「複」式簿記と呼ばれています。

上記②の勘定科目とは、

現金

貸付金

借入金

仕入

給料

通信費

売上

など、簿記上の「言葉」をいい、1つ1つの取引を勘定科目を使って記録しておくことで、ノートを、細か過ぎず、見やすいものにするために用います。

報告書は、1年間の成績を税務署や株主などに報告するためのものですから、細か過ぎず、見やすいものでなければなりません。

そのため、報告書の基となるノートも、細か過ぎず、見やすい方が望ましいことから、勘定科目を使って記録することとしています。

例えば、A商品を販売した場合やB商品を販売した場合、「A商品の売上」や「B商品の売上」と記録せず、それぞれ「売上」という勘定科目で記録することで、ノートを、細か過ぎず、見やすいものにするのです。

ここで、複式簿記の記録方法を、具体例を用いて、確認してみたいと思います。

(具体例)

1月10日に、商品を5,000円で販売して、代金を現金で受け取った。

この場合、複式簿記では、下の画像のように、

複式簿記の仕訳

記録します。

このように記録するためには、まず、勘定科目を下記の5つに分類しなければなりません。

「資産」

「負債」

「純資産」

「費用」

「収益」

「資産」に該当する勘定科目は、

現金

普通預金

売掛金

受取手形

貸付金

商品

建物

など

「負債」に該当する勘定科目は、

買掛金

支払手形

借入金

など

「純資産」に該当する勘定科目は、

資本金

など

「費用」に該当する勘定科目は、

仕入

給料

通信費

支払利息

貸倒損失

など

「収益」に該当する勘定科目は、

売上

受取利息

など

です。

上記の具体例では、下の画像のように、

複式簿記の仕訳

記録しました。

5つの分類では、現金は「資産」に該当し、売上は「収益」に該当します。

複式簿記の仕訳

そして、現金は左側に、売上は右側に記録しました。

複式簿記では、左側を「借方」と呼び、右側を「貸方」と呼んでいます。(借方と貸方という名称に意味はありません。)

複式簿記の仕訳

現金を借方(左側)に、売上を貸方(右側)に記録する理由を知るためには、下の画像を確認しなければなりません。

借方と貸方の分類

ここで、もう一度、上記の具体例を確認します。

(具体例)

1月10日に、商品を5,000円で販売して、代金を現金で受け取った。

具体例では、まず、商品を販売していますので、売上(収益)が発生しています。

収益の発生は、下の画像のようになります。

借方と貸方の分類

したがって、売上を貸方に記録します。

複式簿記の仕訳

次に、販売代金を現金で受け取っていますので、現金(資産)が増加しています。

資産の増加は、下の画像のようになります。

借方と貸方の分類

したがって、現金を借方に記録します。

複式簿記の仕訳

なお、取引金額を借方と貸方に記録していますが、借方と貸方には同じ金額を記録します。

複式簿記の仕訳

借方と貸方の金額が異なることはありません。

このように、1つの取引を、勘定科目を使って借方と貸方に分けることを「仕訳」といいます。

【複式簿記】(借方が左・貸方が右)コレを簡単に覚える方法

【簿記】「現金」って何?

そして、「ノート」には、取引が行われた順番(日付順)に記録していきます。

この「ノート」を「仕訳帳」といいます。

ただし、すべて取引を日付順に記録していくだけでは、特定の勘定科目の合計額を確認したい場合、集計に時間がかかってしまいます。

例えば、1年間の「売上」の合計額を確認したい場合、仕訳帳を見ながら1年間の「売上」を集計するのは大変です。

そこで、1つの取引を、「仕訳帳」の他に、各勘定科目ごとのページが設けられた「ノート」にも記録することとしています。

この「ノート」を「総勘定元帳」といいます。

総勘定元帳には、

① 取引日

② 相手勘定科目

③ 取引金額

を、記録します。

上記②の相手勘定科目とは、1つの取引を仕訳帳に記録した場合、借方の勘定科目から見た貸方の勘定科目、及び、貸方の勘定科目から見た借方の勘定科目をいいます。

上記の具体例で、仕訳帳には、下の画像のように、

複式簿記の仕訳

記録しましたが、

借方の「現金」から見た相手勘定科目は、貸方の「売上」になります。

また、貸方の「売上」から見た相手勘定科目は、貸方の「現金」になります。

ここで、もう一度、上記の具体例を使って、総勘定元帳の記録方法を確認してみたいと思います。

(具体例)

1月10日に、商品を5,000円で販売して、代金を現金で受け取った。

仕訳帳には、下の画像のように、

複式簿記の仕訳

記録しましたが、この他に、

総勘定元帳の「売上」のページには、下の画像のように、

総勘定元帳の売上の転記

記録し、

さらに、

総勘定元帳の「現金」のページには、下の画像のように、

総勘定元帳の現金の転記

記録します。

仕訳帳では、売上(収益)が発生した場合、貸方(右側)に記録しましたが、

総勘定元帳の「売上」のページでも、貸方(右側)に記録します。この場合、相手勘定科目名「現金」も忘れずに記録します。

総勘定元帳の売上の転記

相手勘定科目名も記録しておくことで、「売上」ページを見ただけで、売上金額を「現金」で受け取ったことが確認できるようになります。

また、仕訳帳では、現金(資産)が増加した場合、借方(左側)に記録しましたが、

総勘定元帳の「現金」のページでも、借方(左側)に記録します。この場合、相手勘定科目名「売上」も忘れずに記録します。

総勘定元帳の現金の転記

相手勘定科目名も記録しておくことで、「現金」ページを見ただけで、現金を受け取ったのは、「売上」があったためであることが確認できるようになります。

このように、1つの取引を総勘定元帳にも記録することで、各勘定科目ごとの合計額を簡単に集計できるようになります。

そして、会社は、仕訳帳と総勘定元帳の記録を基に、毎年、報告書(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書など)を作成して、税務署や株主などに提出することになります。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク