日商簿記2級の平成28年度「債権」出題範囲の変更点

[簿記3級]仕訳問題一覧

電子記録債権

電子記録債権とは、インターネットを使った新しい形式の債権で、手形の振り出しのような印紙税の負担がないこと、盗難のリスクがないことなどから、手形に代わる決済手段として急速に普及しています。

そのため、日商簿記2級の試験では、電子記録債権について出題されることとなりました。

【簿記】「決済」と「決算」の違い

なお、試算表・精算表・損益計算書・貸借対照表などの作成問題では、売掛金や受取手形の期末残高に対して貸倒引当金を計上する問題がかなりの頻度で出題されますが、売掛金と受取手形だけでなく、電子記録債権の期末残高を含めた金額に対して貸倒引当金を計上するのかどうか、必ず問題文に指示がありますので読み落としのないように注意する必要があります。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク