【簿記】「手形の裏書譲渡」って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

手形の裏書譲渡

商品の販売などをして受け取った約束手形や為替手形は、通常、受け取ってから2~4ヶ月後でなければお金と交換することができません。

しかし、受け取った約束手形や為替手形は、お金と交換する前に、仕入れ代金の支払いなどに活用することができます。

これを、手形の裏書譲渡(うらがきじょうと)といいます。

【簿記】「約束手形」って何?

【簿記】「為替手形」って何?

例えば、酒屋が寿司屋に酒を3万円で販売し、代金は約束手形で受け取ったとします。

この場合、酒屋の仕訳は、下の画像のとおり、

受取手形の仕訳

【簿記】「受取手形」って何?

寿司屋の仕訳は、下の画像のとおり、

支払手形の仕訳

になります。

【簿記】「支払手形」って何?

【簿記】(勘定科目・相手勘定科目)って何?

その後、酒屋は、米屋から米を3万円で仕入れようとしましたが、お金がありませんでした。

そんな時、手形の裏書譲渡を活用します。

酒屋は、米屋から米を仕入れる際、仕入れ代金を、寿司屋から受け取った約束手形3万円で支払うことができるのです。

手形の裏側には、社名と住所を書いて印鑑を押す欄があります。ここに酒屋の社名と住所を書いて印鑑を押して、米屋に渡します。

手形の裏側に社名と住所を書くことから「手形の裏書」といい、その手形を相手に渡すことから「手形の裏書譲渡」といいます。

この場合、酒屋の仕訳は、下の画像のとおり、

手形の裏書譲渡の仕訳

になります。

酒屋は、寿司屋から受け取った約束手形(受取手形)を米屋に裏書譲渡するので、貸方は受取手形の減少になります。

そして、米屋の仕訳は、下の画像のとおり、

受取手形の仕訳

になります。

米屋は、裏書された約束手形を受け取りますが、通常の約束手形や為替手形を受け取る時と同様に、借方は受取手形の増加になります。

そして、3万円のお金は、寿司屋が約束手形を振り出してから(寿司屋が酒屋に約束手形を渡してから)2~4ヶ月後に、寿司屋から米屋に支払われることになります。

2~4ヶ月後に、寿司屋の当座預金口座から米屋の当座預金口座に3万円が支払われた場合、

寿司屋の仕訳は、下の画像のとおり、

支払手形の仕訳

米屋の仕訳は、下の画像のとおり、

受取手形の仕訳

になります。

【簿記】「当座預金」って何?

ここまでのところを、下の画像にまとめてみました。

手形の裏書譲渡のまとめ

手形の裏書譲渡のメリット

酒屋は、今、手元にお金がなくても、手形の裏書譲渡を活用することで、米屋から米を仕入れることができるのです。

合わせて読まれている記事