【簿記】「郵便為替証書」って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

郵便為替証書

郵便為替証書(ゆうびんかわせしょうしょ)とは、お金を送る目的で、ゆうちょ銀行や郵便局で発行してもらう証書(紙)です。

お金を送る側は、ゆうちょ銀行や郵便局の窓口で、送金額と手数料を支払って郵便為替証書を発行してもらい、お金を受け取る側に普通郵便で送ります。

お金を受け取る側は、受け取った郵便為替証書を、ゆうちょ銀行や郵便局に持参して、お金に交換してもらいます。

郵便為替証書は、ゆうちょ銀行や郵便局に持参すると、直ぐにお金と交換してもらえることから、簿記では「現金」として取扱います。

インターネットを使って遠隔地から商品を仕入れる場合など、代金の支払いに郵便為替証書が利用されています。

前受収益と前受金の違い

未払費用と未払金の違い

郵便為替証書の仕訳

郵便為替証書の仕訳を、具体例を用いて確認したいと思います。

具体例

「商品販売業を営むA社は、3千円の商品を販売し、代金は郵便為替証書で受け取った。」

この場合のA社の仕訳は、下の画像のとおりになります。

郵便為替証書の仕訳画像

郵便為替証書を受け取ったため、

借方は、現金(資産)の増加、

貸方は、売上(収益)の発生、

になります。

【仕訳問題】商品を販売し、代金を郵便為替証書と他人振出小切手と送金小切手で受け取った場合

【簿記】「小口現金」と「定額資金前渡制度」って何?

郵便為替証書には2種類ある

郵便為替証書には、普通為替証書(ふつうかわせしょうしょ)と定額小為替証書(ていがくこがわせしょうしょ)の2種類があります。

普通為替証書は、送金額を自由に決めることができます(500万円が限度。)。

注)普通為替証書の手数料

送金額5万円未満:430円(税込み)

送金額5万円以上:650円(税込み)

定額小為替証書は、送金額が、50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1,000円の12種類に定められています。

注)定額小為替証書の手数料

全金種共通:100円(税込み)

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク