【簿記】「為替手形」って何?

[簿記3級]仕訳問題一覧

為替手形

為替手形(かわせてがた)とは、振出人(ふりだしにん)が、名宛人(なあてにん)に対し、指図人(さしずにん)にお金を支払うことをお願いする証券(紙)です。

わかりづらいので、具体例を使って確認してみたいと思います。

登場するのは、酒屋と米屋と寿司屋です。

まず、酒屋が米屋から米を3万円で仕入れて、代金は掛けとします。

酒屋の仕訳は、下記のとおり、

買掛金の仕訳

になります。

【簿記】「買掛金」って何?

【複式簿記】(借方が左・貸方が右)コレを簡単に覚える方法

次に、酒屋が寿司屋に酒を3万円で販売して、代金は掛けとします。

酒屋の仕訳は、下記のとおり、

売掛金の仕訳

になります。

【簿記】「売掛金」って何?

この時点で、

酒屋には、

米屋に対する買掛金が3万円、

寿司屋に対する売掛金が3万円、

があります。

売掛金と買掛金の残高

そして、酒屋は、米屋に対する買掛金3万円を支払おうとしましたが、手元にお金がありませんでした。

酒屋には、寿司屋に対する売掛金3万円があります。寿司屋が3万円を払ってくれれば、そのお金で米屋に対する買掛金の支払いができます。

こんな時に、酒屋は為替手形を使います。

酒屋は、寿司屋に対し、米屋にお金を支払うことをお願いするため、為替手形を振り出します。

酒屋は、為替手形を振り出すことで、寿司屋が米屋に3万円を支払うことをお願いできるのです。

酒屋は、お金がなくても、為替手形を振り出すことで(寿司屋のおかげで)、米屋に買掛金3万円を支払うことができるのです。

為替手形の振り出し

この記事のはじめに、

「為替手形とは、振出人が、名宛人に対し、指図人にお金を支払うことをお願いする証券(紙)です。」と記載しました。

この文章に、酒屋・寿司屋・米屋を当てはめると、「為替手形とは、振出人(酒屋)が、名宛人(寿司屋)に対し、指図人(米屋)にお金を支払うことをお願いする証券(紙)です。」となります。画像で示すと、下記のとおりです。

振出人・名宛人・指図人

注)名宛人は支払人、指図人は受取人、と呼ばれることもあります。

  • 振出人
  • 名宛人=支払人
  • 指図人=受取人

仕訳はどうなるの?

為替手形を振り出した時の、

酒屋の仕訳は、下の画像のとおり、

振出人の仕訳

になります。

借方の買掛金3万円は、米屋に対する買掛金3万円が減少したことを意味します。

貸方の売掛金3万円は、寿司屋に対する売掛金3万円が減少したことを意味します。

寿司屋の仕訳は、下の画像のとおり、

名宛人の仕訳

になります。

借方の買掛金3万円は、酒屋に対する買掛金3万円が減少したことを意味します。

米屋の仕訳は、下の画像のとおり、

指図人の仕訳

になります。

貸方の売掛金3万円は、酒屋に対する売掛金3万円が減少したことを意味します。

為替手形のメリットは?

酒屋は、お金がなくても、借金をすれば、米屋に対する買掛金の支払いができます。

しかし、借金をすると、利息を支払わなければなりません。

為替手形を使えば、利息を支払わずに済むため、経費の削減になります。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク