【投資】と【ギャンブル(賭博・博打)】の違い

ギャンブル

ギャンブル(賭博・博打)は、胴元(運営者)とプレーヤーが、お互いに儲かる(得をする)ことはありません。

例えば、私がパチンコをしたとします。

私が儲かれば、パチンコ屋さんは損をします。

私が損をすれば、パチンコ屋さんは儲かります。

私とパチンコ屋さんが、お互いに儲かることはあり得ないのです。

注)「ギャンブル」と「賭博(とばく)」と「博打(ばくち)」に、違いはありません。意味は「賭け勝負」です。

【デメリット】仮想通貨投資に手を出してはいけない、最大の理由

投資

投資は、売り手と買い手が、お互いに儲かる(得をする)場合もあります。

例えば、私が商品を仕入れたとします。私は買い手です。

この時点で、私に商品を売ってくれた人(売り手)は儲かります。

そして、私がこの商品を売ることができれば、私も儲かるのです。

しかし、私がこの商品を売ることができなければ、私は損をしてしまいます。

このように、投資は、成功すれば、売り手と買い手がお互いに儲かりますが、失敗すれば、売り手と買い手のどちらか一方しか儲からない、ギャンブルになってしまう場合もあるのです。

合わせて読まれている記事