【ドコモ】iPhoneやiPadで、格安SIMは使える?

iPhoneやiPadは、お洒落で便利です。

しかし、通信料金が高額です。

この記事では、NTT DOCOMO(ドコモ)のiPhoneやiPadで、格安SIMカードを使用する方法を、知識が全くない方でも簡単に理解できるように、下記の順番にまとめました。どなたかのお役に立てれば幸いです。

  1. auやソフトバンクのSIMは、使用できないの?
  2. ドコモのiPhoneやiPadでも、格安SIMが使用できるの?
  3. 格安SIMに乗り換える場合の注意点
  4. 自分で設定できるの?
  5. どれを選べばいいの?

1.auやソフトバンクのSIMは、使用できないの?

iPhoneやiPad(以下「iPhone」と省略。)には、SIMカードが装着されています。

SIMカードとは、電話番号等を特定するための固有のID番号が記録された、iPhoneで音声通話やデータ通信を行うために必要なICカードです。

つまり、iPhoneにSIMカードが装着されているからこそ、iPhoneで、音声通話やデータ通信を楽しむことができるのです。

そして、ドコモのiPhoneでは、ドコモのSIMカードしか使用できないように施されており、ドコモのiPhoneにauやソフトバンクのSIMカードを装着しても音声通話やデータ通信を楽しむことができないようになっています。この仕組みを「SIMロック」といいます。

ドコモは、自社のサービスを長く使用してもらうために、iPhoneにSIMロックをかけているのです。

2.ドコモのiPhoneやiPadでも、格安SIMが使用できるの?

現在、様々な会社から、格安のSIMカードが販売されています。

これらの会社が格安でSIMカードを提供できるのは、自社で通信設備を持たずに、ドコモやauの回線を借りて通信サービスを提供しているからです。

なお、ドコモやauの回線を使用していますので、通信可能エリアは、ドコモやauと変わりません。

注)格安のSIMカードを販売している会社を、MVNO(仮想移動体通信事業者)といいます。

そして、ドコモの回線を使用しているMVNOの格安SIMカード(以下「格安SIM」と省略。)であれば、ドコモのiPhoneやiPadで使用することができます。

ドコモの回線を使用している主なMVNOは、下記のとおりです。

・楽天モバイル

・DMM mobile

 

・U-NEXT

・OCNモバイルONE

・ぷららモバイルLTE

・NifMo

・BB.exciteモバイルLTE

・ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

・BIGLOBE

・Fiimo

・IIJmio

・mineo

・LINEモバイル

LINEのカウントフリー

ドコモの回線を使用したLINEモバイルの格安SIMは、LINE・SNS・LINE MUSICなどをどれだけ使っても通信速度制限がかからない(カウントフリー)ため、人気を集めています。

特に人気のあるプランは、下記の3つになります。

LINEフリープラン

LINEをどれだけ使っても、通信速度制限がかからない。

コミュニケーションフリープラン

LINE、Twitter、Facebook、Instagramをどれだけ使っても、通信速度制限がかからない。

MUSIC+プラン

LINE MUSICに登録している方に限り、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICをどれだけ使っても、通信速度制限がかからない(ただし、計算してみたところ、月200曲以上、LINE MUSICで音楽を聴く方にはお得なプランですが、そこまで音楽を聴かない方には料金的にお勧めできないプランです)。

ドコモのiPhoneやiPadをお使いの方でしたら、LINEモバイルの格安SIMを使用することができます(現在の電話番号そのままで使用できます)。

そして、ドコモの回線を使用しているMVNOの格安SIMが使用できるドコモのiPhoneやiPadは、下記のとおりです。

・iPhone 5c

・iPhone 5s

・iPhone 6

・iPhone 6 Plus

・iPhone 6s

・iPhone 6s Plus

・iPhone SE

・iPhone 7

・iPhone 7 Plus

・iPad Air

・iPad Air 2

・iPad mini 2

・iPad mini 3

・iPad mini 4

・iPad Pro(9.7インチ)

・iPad Pro(10.5インチ)

・iPad Pro(12.9インチ)

なお、平成27年5月以降に、ドコモから発売された下記のiPhoneやiPadは、購入から100日以上経過等、一定の要件を満たした場合には、SIMロックを解除して、auやソフトバンクの回線を使用しているMVNOの格安SIMも使用できるようになりました(ソフトバンクの回線を使用しているMVNOは、平成29年12月現在、2社[U-NEXT 日本通信]ありますが、日本通信のみiPhone用の音声通話とSMSに対応しております)。

平成27年5月以降に、ドコモから発売されたiPhone・iPad

・iPhone 6s

・iPhone 6s Plus

・iPhone SE

・iPhone 7

・iPhone 7 Plus

・iPad mini 4

・iPad(9.7インチ)

・iPad Pro(9.7インチ)

・iPad Pro(10.5インチ)

・iPad Pro(12.9インチ)第1世代

・iPad Pro(12.9インチ)

そして。auの回線を使用している主なMVNOは、下記のとおりです。

・Fiimo

・IIJmio

・mineo

・UQ mobile

auの回線を使用しているMVNOは、ドコモの回線を使用しているMVNOに比べて、少ないのが現状です。

注)FiimoとIIJmioとmineoは、ドコモの回線を使用した格安SIMと、auの回線を使用した格安SIMを販売しています。

注)アップルストア等で販売されているiPhoneやiPadは、はじめからSIMロックがかかっていないので、iPhoneやiPad購入時からドコモやauの回線を使用しているMVNOの格安SIMを使用することができます。このように、はじめからSIMロックがかかっていない状態を「SIMフリー」といいます。

3.格安SIMに乗り換える場合の注意点

格安SIMに乗り換える場合、下記の4つの点に注意しなければなりません。

① 格安SIMの大きさ

② 格安SIMの機能

③ メールアドレス

④ 手数料

それでは、1つずつ確認してみたいと思います。

① 格安SIMの大きさ

格安SIMには、大きさ別に、下記の3種類のものがあります。

・標準 SIM

(15ミリ×25ミリ)

・micro SIM

(12ミリ×15ミリ)

・nano SIM

(8.8ミリ×12.3ミリ)

注)メーカーにより名称が異なる場合があります。

iPhoneやiPadには、nano SIM(8.8ミリ×12.3ミリ)が採用されています。

ドコモのiPhoneやiPad用に格安SIMを購入する場合は、まず、nano SIMであることを確認する必要があります。

各MVNOの公式サイトには、「動作確認端末一覧」や「ドコモ対応端末一覧」等の項目があり、そこで、格安SIMの大きさと使用できるiPhoneやiPadの機種を確認することがてきます。

② 格安SIMの機能

格安SIMには、機能別に、下記の3種類のものがあります。

・データ通信専用SIM

3G・LTE等のデータ通信のみ使用できる格安SIMです。

iPad等のタブレットでインターネットを楽しむ方に適しています。

・データ通信+SMS専用SIM

データ通信とSMSが使用できる格安SIMです。

アカウント登録にSMSを使用するアプリもありますので、このようなアプリを使用する方に適しています。

・音声通話+データ通信+SMS専用SIM

音声通話とデータ通信とSMSが使用できる格安SIMです。

音声通話にも対応しているため、iPhoneで使用する方に適しています。

また、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)にも対応しているため、電話番号はそのままで、格安SIMに乗り換えることができます。

注)電話番号そのままで格安SIMに乗り換える場合について

格安SIMは、各MVNOの公式サイトから購入することができます。

電話番号そのままで購入する場合、以前は、格安SIMの申込みが完了した時点でドコモとの契約が切れ、格安SIMが自宅に届くまでの間(約1週間)、電話が使えませんでした。

しかし、現在は、格安SIMをiPhoneに装着するまで、ドコモとの契約を持続できるようになりました。

これにより、電話が使えない期間は、格安SIMをiPhoneに装着して、MVNOの公式サイトの指示に従って設定を完了させるまでの60分程度となりました。

③ メールアドレス

格安SIMに乗り換えると、これまで使用していた@docomo.ne.jpのメールアドレスは使用できなくなります。

④ 手数料

ドコモのiPhoneやiPadは、2年契約で使用されている方が多いと思います。

格安SIMに乗り換える場合、ドコモとの契約を解除しなければなりませんので、解約時期によっては、解約解除料10,260円(税込み)を支払うことになります。

解約解除料を支払わずに済むのは、契約してから2年1ヶ月を経過した月とその次の月の期間内に解約する場合です。

例えば、平成26年11月10日に iPhone 6 を2年契約で購入した場合、平成28年12月1日から平成29年1月31日までの間に解約すれば、解約解除料を支払わずに済みます。

ただし、電話番号そのままで格安SIMに乗り換える場合、まず、ドコモでMNP予約番号を取得しなければなりません。

そして、MNP予約番号を取得しただけではドコモとの契約は解除されません。

格安SIMがご自宅に届き、iPhoneに装着した時点で、ドコモとの契約が自動的に解除されます。

したがって、電話番号そのままで格安SIMに乗り換える場合、格安SIMをiPhoneに装着した日が2年1ヶ月を経過した月とその次の月の期間内でないと、解約解除料を支払うことになりますのでご注意下さい。

なお、電話番号そのままで格安SIMに乗り換える場合、乗り換え時期を問わず、ドコモにMNP転出手数料2,160円(税込み)を支払わなければなりません。

この他に、格安SIMに乗り換える場合、MVNOに登録事務手数料3,240円(税込み)を支払わなければなりません。

ここで、下記の2つの事例を用いて、手数料がいくらかかるのかを確認してみたいと思います。

(事例1)

ドコモの iPhone 6 を購入してから1年を経過した月に、電話番号そのままで格安SIMに乗り換えた場合

・ドコモに支払う手数料

解約解除料 10,260円(税込み)

MNP転出手数料 2,160円(税込み)

・MVNOに支払う手数料

登録事務手数料 3,240円(税込み)

・合計

15,660円(税込み)

(事例2)

ドコモの iPhone 6 を購入してから2年1ヶ月を経過した月とその次の月の期間内に、電話番号そのままで格安SIMに乗り換えた場合

・ドコモに支払う手数料

MNP転出手数料 2,160円(税込み)

・MVNOに支払う手数料

登録事務手数料 3,240円(税込み)

・合計

5,400円(税込み)

ドコモの iPhone を購入してから2年1ヶ月を経過した月とその次の月の期間内に格安SIMに乗り換えれば、10,260円(15,660円−5,400円)もお得であることが確認できました。

4.自分で設定できるの?

ここで、iPhone用の格安SIMをネットで申込んでから、使用開始までの流れを、1つのMVNOの手順を例に確認してみたいと思います。

① 申込手続きの準備

申込手続きに必要な、下記のものを準備します。

・メールアドレス

・クレジットカード

・本人確認書類

(音声通話機能付き格安SIMを申込む場合のみ必要。)

・MNP予約番号

(音声通話機能付き格安SIMの申込みで、電話番号そのままで乗り換える場合のみ必要。9:00~20:00の時間内に、携帯電話から「151」に電話するか、または、固定電話から「0120-800-000」に電話すると取得できます)。

② 申込手続き

MVNOの公式サイトの新規お申込みフォームに必要事項を入力・送信すると、申込手続きは完了します(本人確認書類は、iPhone・iPadのカメラやデジタルカメラ等で撮影し、申込みフォームの指示に従って操作すると、自動的に申込みフォームに添付されます)。

③ 本人確認と格安SIMの発送

登録情報と本人確認書類を元に、MVNOで本人確認が行われます。

本人確認が完了すると、格安SIMが宅急便で発送されます。

④ 格安SIMの受取り

申込み完了後、約1週間後に格安SIMが届きます。

格安SIMを受取り、iPhoneに装着した日が使用開始日となります。

⑤ 格安SIMの装着

格安SIM付属の取扱説明書の指示に従い、iPhone購入時に付属していたSIMピン(無い場合は、クリップ等)を使って、iPhoneに格安SIMを装着します。

⑥ ネットワーク設定

ネットワーク設定とは、格安SIMをiPhoneで使えるようにするための設定です(格安SIM付属の取扱説明書の指示に従って操作すると、簡単に3分程度で設定できます)。

ご自宅等のWi-Fiを使って、「プロファイル」という、格安SIMをiPhoneで使えるようにするための情報が入ったファイルをiPhoneにインストールすると、ネットワーク設定は完了です。

これで、iPhoneを使って、音声通話やデータ通信ができるようになります。

5.どれを選べばいいの?

現在、各MVNOから、様々なプランの格安SIMが販売されています。

したがって、ご自身に適したプランを見つけるまでに、時間がかかってしまう場合もあります。

そこで、私が調べた結果、お得だと感じたプランを2つ紹介させていただきます。

ご自身に適したプランを見つける際の目安にしていただけたら幸いです。

mineo

1つめは、テレビCMでお馴染みのmineo の「ドコモプラン(Dプラン)デュアルタイプ 3GB」というプランです。

このプランは、音声通話とデータ通信とSMSが使用できます。

そして、基本使用料は1,600円(税別)/月で、月に3GBまでインターネットを楽しめます。しかも、3GBのデータ容量を使い切れなかったときは翌月に残りのデータ容量が自動的に繰り越されたり、家族で契約すると基本使用料が割引きになったり等のお得なサービスもあります。

さらに、いつ解約しても解約事務手数料(解約解除料)はかかりません。

このプランの詳細は、下記のとおりです。

mineo Dプラン デュアルタイプ 3GB

・音声通話とデータ通信とSMSが使用できます。

・基本使用料

1,600円(税別)/月

・音声通話

20円(税別)/30秒

・SMS

国内送信

3円~30円(税別)/通

海外送信

50円~500円(無税)/通

受信

無料

・データ容量

3GB/月

・テザリング

使用可能

・解約事務手数料

無料

U-NEXT

2つめは、U-NEXTのU-mobile シリーズ「U-mobile MAX 通話プラス」というプランです。

このプランは、音声通話とデータ通信とSMSが使用できます。

そして、基本使用料は2,880円(税別)/月で、月に25GBまでインターネットを楽しめます(3日間で3GB以上使用しても、1ヶ月間で25GBを超えない限り、通信速度制限がかかりません。例えば、1ヶ月間で25GBを超えない限り、1日10GB使用しても通信速度制限がかかりません)。

さらに、6ヶ月以上使用すれば、解約事務手数料(解約解除料)はかかりません。

このプランの詳細は、下記のとおりです。

[ U-mobile MAX 通話プラス  ]

・音声通話とデータ通信とSMSが使用できます。

・基本使用料

2,880円(税別)/月

・音声通話

20円(税別)/30秒

・SMS

国内送信

3円~30円(税別)/通

海外送信

50円~500円(無税)/通

受信

無料

・データ容量

25GB

・テザリング

使用可能

・解約事務手数料

契約開始月を1ヶ月目とした6ヶ月間が最低利用期間です。最低利用期間内に解約した場合、6,000円(税別)の解約事務手数料が発生します。

2つのプランの紹介は以上になります。

お忙しいところ、最後まで読んでいただいてありがとうございました。