【簿記】「買掛金」と「未払金」の違い

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

買掛金

「商品」を購入し、代金は後で支払うこととした場合、買掛金(負債)という勘定科目で仕訳処理を行います。

【簿記】「買掛金」って何?

未払金

これに対し、「商品以外のもの」を購入し、代金は後で支払うこととした場合、未払金(負債)という勘定科目で仕訳処理行います。

【簿記】「未払金」って何?

【簿記】「未払費用」と「未払金」の違い

では、例えば、土地を購入し、代金は後で支払うこととした場合、買掛金と未払金のどちらで仕訳処理を行うでしょうか?

買掛金で仕訳処理を行う場合

土地の売買を行う不動産会社などにとって、土地は「商品」です。

したがって、土地を商品として取り扱う不動産会社などは、買掛金で仕訳処理を行います。

例えば、不動産会社が、販売用の土地を30万円で購入し、代金は翌月末に支払うこととした場合、

購入時の仕訳は、下の画像のとおりになります。

買掛金の仕訳

商品である土地を購入したため、

借方は、仕入(費用の発生)になり、

貸方は、買掛金(負債の増加)になります。

未払金で仕訳処理を行う場合

土地の売買を行わない会社、例えば、食品製造会社が、自社工場を建設するために購入する土地は、売買を目的として購入する「商品」ではありません。

このような場合、未払金で仕訳処理を行います。

例えば、食品製造会社が、自社工場用の土地を30万円で購入し、代金は翌月末に支払うこととした場合、

購入時の仕訳は、下の画像のとおりになります。

未払金の仕訳

販売用ではなく、自社工場用として土地を購入したため、

借方は、土地(資産の増加)になり、

貸方は、未払金(負債の増加)になります。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク