超難関国家試験の勉強中の方が、スキマ時間に収入を得る方法

超難関国家試験

司法試験、公認会計士試験、不動産鑑定士試験、弁理士試験、司法書士試験など、超難関国家試験の勉強をされている方の中には、お仕事を辞めるなど、退路を断って取り組んでいる方もいらっしゃると思います。

私も、約10年前、税理士試験の勉強をしておりましたので、国家試験に合格することの大変さを理解しております。

とにかく試験範囲が広すぎて、次から次へと新しいことを勉強しつつ、復習もしなければならない、過酷な日々を過ごしておりました。

ときには、美味しいものを食べたり、オシャレな洋服を買ったり、旅行したりと、ストレスを発散したかったのですが、お金がなかったので、イライラしながら勉強していたこともありました。

しかし、スマートフォンやタブレットなどが普及した現在では、国家試験の勉強でお忙しい方でも、スキマ時間を使って手軽に収入が得られるようになりました。

私が調べた中で、最も短時間で手軽に収入を得る方法が3つありましたので、(10年前の自分に紹介するつもりで)、ご紹介したいと思います。どなたかのお役に立てれば幸いです。

1.クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、自宅でできるような企業や個人のお仕事を、インターネット上で紹介してくれるサービスです。

日本最大級のクラウドソーシング会社として有名なのがランサーズです。

この会社の公式サイトを見てみると、とにかく、様々なお仕事がありました。

そして、パソコン・スマートフォン・タブレットなどがあれば、場所を選ばずどこでもできそうなお仕事ばかりでした。

例えば、

ライターのお仕事では、自分の大学受験の経験を1,000文字程度にまとめるだけで3,000円がもらえたり、

パワーポイントを使って、簡単なスライドを作成するだけで5,000円がもらえたり、

5分程度で終わるアンケートに答えるだけで500円がもらえたり、

など、

勉強で疲れた時などに、休憩がてらできるようなお仕事がたくさんありました。

クラウドソーシングを利用すれば、スキマ時間を使って、月に2~3万円は稼ぐことができると思います。

2.自宅にある不用品を売る

いらなくなった物をネットで売る場合、アマゾンやヤフオクを利用する方が多いですが、アマゾンやヤフオクは、たとえ売ることができなくても、システム利用料を支払わなければならないため、損をしてしまう場合があります。

売れた時以外、費用がかからないのがBASE です。

BASEは、お洒落なネットショップを3分程度で簡単に無料開設できます。

私は、BASEを利用して使わなくなった参考書を売りました。

その他、売れた時以外費用がかからないフリーマーケットサイトにメルカリがありますが、メルカリには、購入者が値下げ交渉できる機能があるため、購入者と何度も連絡を取り合う必要があります。

そのため、お忙しい方には向かないように思います。

3.自分のスキルを売る

自分の得意・スキルをワンコイン(500円)で販売できるサービスにココナラ というものがあります。

ココナラでは、

例えば、

「ワンコインで、文章を書きますよ!」

「ワンコインで、4コマ漫画を書きますよ!」

「ワンコインで、エクセルでグラフ作りますよ!」

など、

自分のスキルを販売することができます。

ワンコインでしたら、

プレッシャーも感じずにできると思います。

なお、ココナラでは、ワンコイン以上の価格を設定することもできます。

以上になります。

お忙しいところ、最後まで読んでいただいてありがとうございました。