【簿記】「普通預金」って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

普通預金

銀行の預金口座には、「普通預金」口座というものがあります。

普通預金には、口座の開設が容易で、お金の預け入れや引き出しにATMが利用でき、お金を銀行に預けておくと利息が付くなどのメリットがあります。

しかし、1日当たりの引き出し額に制限があり、会社の場合、1日当たり1,000万円までしか引き出すことができないデメリットがあります。

そのため、毎日、高額な取引を行う会社にとっては、1日に1,000万円までしか引き出せない普通預金は、不便な口座といえます。

【簿記・会計】「取引」って何?

なお、毎日、高額な取引を行う会社は、普通預金ではなく、1日当たりの引き出し額に制限がない「当座預金」を利用しています。

当座預金口座を開設すると、小切手や手形を振り出す(発行する)こともできます。

そして、簿記の検定試験では、小切手や手形に関する問題が頻繁に出題されています。小切手や手形(受取手形支払手形)の問題を間違えてしまうと、貸倒引当金貸倒損失の問題も間違える恐れがあります。

したがって、これから簿記の検定試験を受ける方は、「普通預金」だけでなく、「当座預金」についても理解を深めておくことをお勧めします。

当座預金については、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい、

【簿記】「当座預金」って何?

普通預金の仕訳

最後になりますが、普通預金の仕訳を、具体例を用いて確認したいと思います。

具体例

「A社は、3万円の商品を販売し、代金は普通預金口座に入金された。」

この場合のA社の仕訳は、下の画像のとおりになります。

普通預金の仕訳画像

借方は、普通預金(資産)、

貸方は、売上(収益)、

になります。

「普通預金」と「当座預金」の違いを理解しておくと、経理のお仕事や様々な会社の財務諸表を読む際にも役立ちます。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク