【簿記】「当座借越」って何?

[簿記3級]仕訳問題一覧

当座借越

当座預金口座の開設時に、当座借越(とうざかりこし)契約を結んでおくと、当座預金の残高を超えた金額の小切手を振り出す(発行する)ことができるようになります。

【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

【簿記】「小切手」と「送金小切手」の違い

例えば、当座預金の残高が100万円しかない場合、本来、小切手を振り出せるのは100万円までです。

しかし、当座借越契約を結んでおくと、120万円の小切手を振り出すことができます。

なお、残高が100万円しかないのに、120万円の小切手を振り出せるということは、当座借越20万円(120万円−100万円)は銀行からの借金を意味します。

借金は、将来、返済しなければならないものです。したがって、当座借越は、「負債」に該当します。

注)当座借越(銀行からの借金)には、限度額があります。無制限に借金ができるわけではありません(限度額は契約により異なります。)。

【簿記】「借入金」と「社債」の違い

当座借越の返済方法

当座借越は、当座預金口座にお金を入金すると、自動的に返済されます。

上記の例では、当座借越が20万円でしたが、当座預金口座に20万円のお金を入金すると、自動的に借金が返済されます。

当座借越の仕訳

当座借越の仕訳処理の方法には、二勘定制と一勘定制の2つがあります。

二勘定制と一勘定制については、下記の記事にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

【簿記】当座借越の「二勘定制」と「一勘定制」の違い

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク