ポイントカードを使って商品を仕入れた場合の仕訳

この記事では、ポイントカードを使って商品を仕入れた場合の仕訳を、具体例を用いて、下記の順番に解説します。

どなたかのお役に立てれば幸いです。

  1. 【ポイントカードのみ】で仕入れた場合
  2. 【ポイントカードと現金】で仕入れた場合
  3. 【ポイントカードとクレジットカード】で仕入れた場合

お近くの税理士に質問する

1.【ポイントカードのみ】で仕入れた場合

具体例1

「1,200円の商品を、1,200円分のポイントで仕入れた。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

ポイントのみで仕入れた場合の仕訳画像

借方は、仕入(費用)、

貸方は、雑収入(収益)、

になります。

ポイントを使って商品を仕入れた場合の勘定科目は、「雑収入」になります。

【簿記】(勘定科目・相手勘定科目)って何?

【簿記】(借方が左・貸方が右)コレを簡単に覚える方法

2.【ポイントカードと現金】で仕入れた場合

具体例2

「1,200円の商品を、現金700円と500円分のポイントで仕入れた。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

ボイントと現金で仕入れた場合の仕訳画像

借方は、仕入(費用)、

貸方は、現金(資産)と雑収入(収益)、

になります。

簿記と会計の違い

【仕訳問題】商品を販売し、代金を郵便為替証書と他人振出小切手と送金小切手で受け取った場合

3.【ポイントカードとクレジットカード】で仕入れた場合

具体例3

「1,200円の商品を、クレジットカード700円と500円分のポイントで仕入れた。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

ポイントとクレジットカードで仕入れた場合の仕訳画像

借方は、仕入(費用)、

貸方は、買掛金(負債)と雑収入(収益)、

になります。

クレジットカードで商品を仕入れた場合の勘定科目は、「買掛金」になります。

【簿記】「買掛金」と「未払金」の違い

なお、クレジットカードを使用した場合、翌月または翌々月に銀行の普通預金口座から使用金額700円が引き落とされます。

そして、この引き落とし時の仕訳は、下の画像の画像のとおりになります。

引き落とし時の仕訳画像

借方は、買掛金(負債)、

貸方は、普通預金(資産)、

になります。

【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

注)クレジットカード等を使用して商品を仕入れた場合、支払金額に応じて、新たにポイントがもらえる場合が多いですが、このもらったポイントのもらった時点での仕訳は必要ありません。後日、このもらったポイントを使用して商品を仕入れた場合等に、この記事に書かれている仕訳が必要になります。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク