【簿記】「前払金」と「前渡金」って何?

[簿記3級]仕訳問題一覧

前払金(前渡金)

商品を仕入れる場合、実際に商品を受け取る前に、代金の一部を先に支払うことがあります。

これを「手付金」または「内金」といいます。

この場合、「前払金」または「前渡金」という勘定科目で仕訳処理を行います。

【簿記】「前払金」と「仮払金」の違い

【簿記】「未払費用」と「未払金」の違い

前払金(前渡金)は、資産?

前払金(前渡金)は、後で商品を受け取ることができる権利を意味するため、「資産」に該当します。

仕訳処理

手付金(内金)を支払った時と商品を受け取った時の仕訳処理を確認したいと思います。

1.手付金(内金)を支払った時

「A社は、1万円の商品を注文し、手付金2千円を現金で支払った。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

前払金(前渡金)の仕訳

借方は、前払金または前渡金(資産)の増加、

貸方は、現金(資産)の減少、

になります。

2.商品を受け取った時

「A社は、1万円の商品を受け取り、手付金を差し引いた残額の8千円を現金で支払った。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

商品受取り時の仕訳

借方は、仕入(費用)の発生、

貸方は、現金(資産)の減少と、前払金または前渡金(資産)の減少、

になります。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク