【簿記】「送金小切手」って何?

[簿記3級]仕訳問題一覧

送金小切手とは

送金小切手(そうきんこぎって)とは、お金を送る目的で、銀行で発行してもらう小切手(紙)です。

お金を送る側は、銀行の窓口で、送金額と手数料を支払って送金小切手を発行してもらい、お金を受け取る側に郵便で送ります。なお、送金小切手の発行に普通預金や当座預金などの銀行口座を開設する必要はありません。

注)手数料は銀行により異なります。

お金を受け取る側は、送金小切手を銀行に持参して、お金に交換してもらいます。送金小切手は、銀行に持参すると直ぐにお金と交換してもらえるので、簿記では「現金」として取扱います。

現金過不足を、期末に、雑益または雑損に振り替える理由

なお、送金小切手を銀行でお金と交換してもう場合も、普通預金や当座預金などの銀行口座を開設する必要はありません。

【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

インターネットを使って遠隔地から商品を仕入れる場合などに、代金の支払いに送金小切手が利用されています。

送金小切手の仕訳

送金小切手の仕訳を、具体例を用いて確認したいと思います。

具体例

「商品販売業を営むA社は、3千円の商品を販売し、代金は送金小切手で受け取った。」

この場合のA社の仕訳は、下の画像のとおりになります。

送金小切手の仕訳画像

借方は、現金(資産)の増加、

貸方は、売上(収益)の発生、

になります。

【仕訳問題】商品を販売し、代金を郵便為替証書と他人振出小切手と送金小切手で受け取った場合

送金小切手は、銀行に持参すると直ぐにお金と交換してもらえるので、借方は「現金」として処理します。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク