日商簿記2級の平成28年度「商品売買以外」出題範囲変更点

[簿記3級]仕訳問題一覧

サービス業

これまで、日商簿記2級の商業簿記の試験では、商品売買業を営む会社に関する問題が出題されてきました。

しかし、現在、建設会社・インターネット関連会社・資格スクールなど、様々なサービス業を営む会社が増えていることから、サービス業に関する問題ついても出題されることとなりました。

なお、商品売買業とサービス業では、仕訳処理の方法や勘定科目が全く異なる場合もありますのでご注意下さい。

合わせて読まれている記事

【日商簿記】短期合格目指す、資格スクール(入会金・年会費)比較

【仕訳問題】商品を販売し、代金を郵便為替証書と他人振出小切手と送金小切手で受け取った場合

【日商簿記2級】平成29年度からの、試験範囲の追加項目の攻略法

【日商簿記2級】平成28年度からの出題範囲の変更点(11項目まとめ)

【簿記】「現金過不足」って何?

【簿記】「小切手」と「送金小切手」の違い

【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

【簿記】「売掛金」と「未収金」の違い

【簿記】「売掛金」と「受取手形」の違い

【簿記】自分が振り出した小切手を、受け取った場合

【簿記】記事一覧

スポンサーリンク