ビジネスホテル・旅館等に宿泊した場合の、支払い方法別の仕訳

個人事業主(フリーランス)や法人(会社)の役員・社員が、仕事の都合でビジネスホテルや旅館等に宿泊した場合の仕訳を、下記の支払い方法別に、具体例を用いて解説します。

どなたかのお役に立てれば幸いです。

  1. 【現金】払いの場合
  2. 【クレジットカード】払いの場合
  3. 【クレジットカードとポイント】払いの場合

なお、個人事業主と法人で、仕訳処理の方法に違いはありませんのでご安心下さい。

お近くの税理士に質問する

1.【現金】払いの場合

宿泊時の具体例

「2月10日、個人事業主のAさんは、ビジネスホテルに宿泊し、宿泊代(飲食代含む)1万円を現金で支払った。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

現金払いの仕訳画像

借方は、旅費交通費(費用)、

貸方は、現金(資産)、

になります。

【簿記】(勘定科目・相手勘定科目)って何?

【簿記】「現金過不足」って何?

2.【クレジットカード】払いの場合

宿泊時の具体例

「2月10日、個人事業主のAさんは、ビジネスホテルに宿泊し、宿泊代(飲食代含む)1万円をクレジットカードで支払った。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

クレジットカード払いの仕訳画像

借方は、旅費交通費(費用)、

貸方は、未払金(負債)、

になります。

【簿記】「買掛金」と「未払金」の違い

【仕訳問題】商品を販売し、代金を郵便為替証書と他人振出小切手と送金小切手で受け取った場合

クレジットカード決済(引き落とし)時の具体例

「3月5日、クレジットカード払いした宿泊代(飲食代含む)1万円が、普通預金口座から引き落とされた。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

クレジットカード決済時の仕訳画像

借方は、未払金(負債)、

貸方は、普通預金(資産)、

になります。

【簿記】「普通預金」と「当座預金」の違い

なお、宿泊予約サイトやクレジットカードによっては、支払金額に応じて、ポイント(楽天トラベル楽天カード の楽天スーパーポイント、じゃらんリクルートカードのPontaポイント等)がもらえる場合もありますが、ポイントをもらった時点では仕訳処理は行いません。

次回以降、ポイントを使用した時に仕訳処理が必要になります。

この場合の仕訳は、次の3.【クレジットカードとポイント】払いの場合で解説します。

3.【クレジットカードとポイント】払いの場合

宿泊時の具体例

「2月10日、個人事業主のAさんは、ビジネスホテルに宿泊し、宿泊代(飲食代含む)1万円のうち9千円をクレジットカードで、残りの1千円をポイントで支払った。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

クレジットカードとポイント払いの仕訳画像

借方は、旅費交通費(費用)、

貸方は、未払金(負債)と雑収入(収益)、

になります。

【簿記】(借方が左・貸方が右)コレを簡単に覚える方法

クレジットカード決済(引き落とし)時の具体例

「3月5日、クレジットカード払いした宿泊代(飲食代含む)9千円が、普通預金口座から引き落とされた。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

クレジットカード決済時の仕訳画像

借方は、未払金(負債)、

貸方は、普通預金(資産)、

になります。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク