【簿記】「有形固定資産」って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

有形固定資産

商品保管用の倉庫、

事務所用の机、

営業用の車、

駐車場用の土地、

など、

売るための商品ではなく、商売のために長期に渡って使用するものは、資産の中でも「有形固定資産」に分類されます。

【簿記】「有形固定資産」と「無形固定資産」の共通点と相違点

仕訳処理

仕訳処理を行う際の『勘定科目』は、

例えば、

商品保管用の倉庫は「建物」、

事務所用の机は「備品」、

営業用の車は「車両」または「車両運搬具」、

駐車場用の土地は「土地」、

を用います。

また、仕訳処理を行う際の『金額』は、

有形固定資産そのものの値段(購入代価)と、有形固定資産を購入する際の手数料・引取運賃・引取費用など(付随費用)を合計した金額(取得価格)になります。

例えば、

「A社は、事務所用の机を10万円で購入し、引取運賃5千円と共に現金で支払った。」

この場合の仕訳は、下の画像のとおりになります。

有形固定資産の仕訳画像

事務所用の机を購入したため、借方の勘定科目は「備品」になり、

代金は現金で支払ったため、貸方の勘定科目は「現金」になります。

【簿記】「現金過不足」って何?

また、金額は、事務所用の机の価格(購入代価)10万円と引取運賃(付随費用)5千円を合計した(取得価格)10万5千円になります。

貸借対照表

建物・備品・車両・土地などは、貸借対照表の資産の部、固定資産の「有形固定資産」の区分に記入します。

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク