難しい税理士試験を受けずに、手っ取り早く税理士になる方法

税理士試験は、会計学科目2科目と税法科目3科目の合計5科目に合格しなければならない国家試験です。

5科目合格までの期限はなく、例えば、毎年1科目ずつ受験したり、今年2科目受験して10年後に残り3科目受験することもできるため、お仕事をしながら勉強されている方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、5科目の試験に合格しなくても税理士になれる方法があります。

大学院で「会計学」を学んで修士論文を書き、国税庁に認定されると、会計学科目のうち1科目が試験免除されるのです。

会計学科目の1科目が試験免除されれば、会計学科目1科目と税法科目3科目の合計4科目の試験に合格すれば税理士になれるのです。

また、大学院で「税法」を学んで修士論文を書き、国税庁に認定されると、税法科目のうち2科目が試験免除されるのです。

税法科目の2科目が試験免除されれば、会計学科目2科目と税法科目1科目の合計3科目の試験に合格すれば税理士になれるのです。

さらに、大学院で「会計学」と「税法」を学んで、それぞれ修士論文を書き、国税庁に認定されると、会計学科目のうち1科目と税法科目のうち2科目が試験免除されるのです。

会計学科目の1科目と税法科目の2科目が試験免除されれば、会計学科目1科目と税法科目1科目の合計2科目の試験に合格すれば税理士になれるのです。

大学院には、通信制や土日のみの通学など、様々な学習形態を採用しているところもあり、社会人の方でも無理なく学べ、税理士試験の勉強をするよりも負担は少ないように思います。

ちなみに、現在、全国に約7万人いる税理士のうち2割は、大学院を修了して試験免除された方であるといわれています。

【税理士試験】試験免除資格が得られる大学院

【税理士試験】短期合格が可能な、資格スクール(入会金・年会費)比較

【税理士試験】消費税法の勉強で重要な、たった1つのこと。

【税理士試験】固定資産税の受験をやめるべき、唯一の理由

TAC・Wセミナー・Z会の書籍を、割引価格で購入する方法

【税理士試験】使用禁止の電卓

【税理士試験】使用禁止の時計・ストップウォッチ

【税理士試験】使用可能な筆記用具は、問題用紙/解答用紙により異なる

【税理士試験】不正受験とみなされる行為

スポンサーリンク