【簿記】「未収金」って何?

【日商簿記3級】合格するための攻略ポイント

【日商簿記2級】合格するための攻略ポイント

商品を販売し、代金は後で受け取ることとした場合、売掛金(資産)という勘定科目で仕訳処理を行うことは、以前、学習しました。

【簿記】「売掛金」って何?

未収金(未収入金)

例えば、商品陳列・倉庫・土地など、商品以外のものを売却し、代金は後で受け取ることとした場合、未収金または未収入金(資産)という勘定科目で仕訳処理を行います。

未収金は、将来、代金(お金)を受け取ることができる勘定科目です。

したがって、未収金は、将来、お金として会社の役に立つもの(自由に使えるもの)であるため、売掛金などと同様に、「資産」に該当します。

【簿記】「売掛金」と「未収金」の違い

【簿記】「未収収益」と「未収金」の違い

仕訳処理

未収金の仕訳処理を確認したいと思います。

仕訳1

「食品製造会社のA社は、以前30万円で購入した土地を、40万円で売却し、代金は翌月末に受け取ることとした。」

この場合、A社の売却時の仕訳は、下の画像のとおりになります。

未収金の仕訳

借方は、未収金(資産)の増加、

貸方は、土地(資産)の減少と、30万円で購入した土地を40万円で売却しているため差額の10万円は固定資産売却益(収益)という勘定科目で仕訳処理します。

固定資産売却益の10万円は、A社の利益となるものです。

したがって、固定資産売却益は、「収益」に該当します。

仕訳2

「翌月末になり、A社は、売却代金を現金で受け取った。」

この場合、A社の仕訳は、下の画像のとおりになります。

未収金の仕訳

借方は、現金(資産)の増加、

貸方は、未収金(資産)の減少、

になります。

【簿記】「現金過不足」って何?

合わせて読まれている記事

スポンサーリンク