【ツイッター】ミュートとリストを使って、効率良く情報収集する方法

前回、下記の記事で、Twitter公式アプリよりEchofonのほうが便利な理由をまとめました。

【ツイッター】広告を非表示にして、お気に入りツイートだけ見る方法

今回は、ミュート機能とリストを使って、効率良く情報収集する方法をまとめます。

どなたかのお役に立てれば幸いです。

ミュートとリスト

ミュートとは、フォローしている特定の人のツイートを非表示にできる機能です。

しかし、ミュートしても、リストに登録しておけば、リスト上では、ツイートが表示されます。

例えば、私が、ツイッターでAさんをフォローしているとします。

そして、私が、Aさんをミュートすると、私のタイムラインにAさんのツイートは表示されなくなります。

しかし、リストを作成してAさんを登録しておくと、そのリスト上では、Aさんのツイートが表示されます。

したがって、フォローしている人が多く、大切なツイートを見逃してしまうという方は、ツイートを見逃したくない人をミュートして、その人をリストに登録しておけば、リストでツイートの見逃しを防げますし、ミュートする人が多ければ、タイムラインに表示されるツイート数も減り、タイムラインの見逃しも減らすことができます。

つまり、

どうしても見逃したくない人をミュートし、リストに登録して、リスト上でツイートをチェック、

見逃しても構わない人のツイートは、これまでどおり、タイムラインでチェックするが、どうしても見逃したくない人をミュートしたことでタイムラインがスッキリした分、見逃しても構わない人のツイートの見逃しも減る、

ということになります。

ミュート機能とリストを活用すれば、短い時間で効率良く情報収集できると思います。

余談ですが、Twitter公式アプリでは、フォローしている特定の人のリツイートを非表示に設定しても、リスト上ではリツイートが表示されてしまいます。

しかし、Echofonでは、リスト上でもリツイートを非表示にすることができます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。